日本チームも採用。リレー走のバトンパスで最も成功率が高いのは「アンダーハンド」

マラソン統計

IAAF(国際陸上競技連盟)が運営するブログ「SPIKES」を読んでいたら、日本の陸上界に関する興味深い記事を見つけました。「近年、日本の男子陸上400メートルリレーが強いのは、バトンパスに秘密がある」と。

2001年のエドモントン世界陸上以降、日本チームはアンダーハンドと呼ばれるバトンパスを採用してきた。前の走者が、腰の位置で手を下向きにしてバトンを受け取るのが特徴だ。世の中の主流のオーバーハンドと異なり、アンダーハンドは最速状態でのバトンパスに適しており、後ろの走者が前の走者に極力近づくので、バトンを落とすリスクも最小限に抑えることができる。(拙訳)

 

成功率を高めることで勝率も高まる

記事では、リオ五輪の男子400メートルリレーの日本チームが、バトンパスを極限まで効率化し、絶妙なチームワークで銀メダルを獲得した様子が描かれています。その日本チームを指導した苅部コーチの言葉が印象に残りました。

(日本チームが)アンダーパスを採用しているのは、バトンを落とす確率が低いから

リレー走にミスは付きもの。五輪や世界陸上などでも、しょっちゅう失格とかありますからね。その中で、バトンパスの成功率を高め、結果的に勝率を高めた日本チームの戦略は面白いなと思いました。

アンダーハンドが安定しているのは統計的にも証明されています。日本チームがアンダーパスを採用した2001年以降、国際大会での決勝出場回数は、日本が10回、ジャマイカが9回、トリニダード・トバゴが8回、アメリカが6回、カナダが5回、イギリスが4回と、強豪国すらを上回っています。

ちなみに日本以外の国は、バトンパスにオーバーハンドを採用しています。

バトンの渡し方

そもそもバトンの渡し方にもバリエーションがあることを、今回初めて知りました。少し古いですが、ニューヨークタイムズの記事が、バトンの渡し方を3つのタイプに分類しています。

  • プッシュイン
  • アンダーハンド(アップスウィープ)
  • オーバーハンド(ダウンスウィープ)

日本チームが採用しているアンダーハンドにも弱点があります。バトンを受け取ったままの状態で次の走者に渡すことができないため、走行中にバトンの位置を調整する必要があります。0.01秒の差で勝負が決まる状況の中で、バトンの位置を変えるのは、相当な負担になるはずです。

つまり日本チームは、より良いチームワークのために、個々の走者があえて負担を受け入れているということです。これって、非常に日本的な考え方だと思いませんか?

他の国でアンダーパスが採用されないのは、個々の走者の能力を最大限に生かすという考えが浸透しているからかもしれませんね。

関連記事:人間の体には動きを引き出す「感覚」がある by 朝原宜治『肉体マネジメント』

この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について