Relive Club(有料プラン)の特典。月額1160円の価値はあるのか?

Relive Club(有料プラン)の特典。月額1160円の価値はあるのか?|ともらん

Reliveの有料プランである「Relive Club」の特典を使ってみました。過去のアクティビティから動画が作成できたり、一度作った動画を編集できたり、Relive Clubの特典について解説します。
作成| 更新

Garminや Stravaで記録したランニングデータを、テレビのマラソン実況放送風の動画に変換できる「Relive」というサービスがあります。

Relive ‘Berlin Marathon’

詳しくはこちらの記事で解説しています。

関連:Reliveの使い方。Garminや Stravaのランニングデータが、マラソン実況中継動画に大変身!

非常に画期的なサービスですが、無料プランで出来ることは限られています。

そこで、有料プランの「Relive Club」に登録し、特典を使ってみました。

Relive Club(有料プラン)の特典

Relive Clubは、Reliveの上級会員向けの有料プランです。

参照Relive Club公式サイト

Reliveでアカウントを作ると、最初に1本だけ、自由に動画を作ることができます。

しかし、2回目以降は新規アクティビティのみ、動画が自動的に生成される仕組みになっています。

過去のアクティビティデータから動画を作成したり、動画を自由に編集したりするには、有料プランの「Relive Club」への登録が必要です。

料金は月額1,160円、または年額11,600円かかります。

以下は「Relive Club」の入会画面。これだと特典の内容が伝わりづらいので、本当に使えそうな特典を詳しく解説していきます。

「Relive Club」の入会画面
「Relive Club」の入会画面

1. 過去のアクティビティから動画作成

Stravaや Garminの過去のアクティビティをさかのぼって動画を作成することができます。ちなみに無料プランは新規アクティビティのみ可能。

試しに「中山道」を走って旅した時のアクティビティから動画を作ってみました。

Relive ‘Nakasendo Run’

当ブログ「ともらん」では、旅ランは主力コンテンツのひとつです。

これまで旅ランのコースをわかりやすく伝えるのが難しかったのですが、Reliveを使えば1分程度の動画でわかりやすく解説できます。

2. HD画質で動画作成

有料プランだと、動画がHD画質になります。

ただし、有料プランでもデフォルト設定は HD画質ではないので、編集画面で「HDビデオ」をONにする必要があります。

3. 動画がカスマイズできる

動画を作成する上で、無料プランに出来なくて、有料プランに出来ることは次のとおり。

  • 動画に写真が追加できる
  • 動画に音楽(BGM)が設定できる
  • 動画の再生速度を設定できる(3段階)

4. 動画の編集

一度作った動画を、いつでも編集できます。

例えば、写真を追加したり、BGM(音楽)を変えたり。実際に動画を観てから編集できるのはいいですね。

動画の編集
動画の編集

5. その他の特典

最後に、その他の特典としては、動画の作成時間が無料プランに比べて速いこと。

また、最長12時間までの長時間アクティビティの動画が作れること。ウルトラマラソンやトレイルランニングに役立ちそうですね。

まだベータ版ですが「使用したルート」という機能もあります。3D衛星地図にルートをマッピングし、起伏やペース、心拍数などの変化が視覚化できるツールです。

Relive 使用したルート
Relive 使用したルート

ワンポイントアドバイス

まとめると、Reliveの有料プラン「Relive Club」で出来ることは次のとおりです。

  • 過去のアクティビティから動画が作れる
  • HD画質で動画が再生できる
  • 動画に写真が追加できる
  • 動画に音楽(BGM)が設定できる
  • 動画の再生速度を設定できる(3段階)
  • 動画がいつでも編集できる
  • 短い時間で動画が生成できる
  • 最長12時間までのアクティビティに対応
  • 3D衛星地図でルートマップが確認できる

ほとんどの方は「Relive Club」に月額1,160円の価値は見出せないと思います。

ぼくも普通に Stravaや Garminと連携して使うだけなら、無料プランで充分すぎます。

ただし、ブログ用にコースマップのコンテンツとして使うなら、しばらく有料プランを続ける価値はあるかなと思います。

これまでの旅ラン記事や大会レポート用に、バンバン動画を作ってみようと思います。

マラソンブログ「ともらん」をお読みいただき有難うございます!このブログを気に入っていただけたらシェアをお願いします。