【レビュー】呼吸筋トレ「パワーブリーズ」の効果、8000円の価値はあるのか?

徹底レビュー

ついに買ってしまいました、「パワーブリーズ プラス」。

あの芸人ランナー、猫ひろしさんも「パワーブリーズ」をトレーニングに取り入れているとのこと。日常生活や普段のランニング・ジョギングでは鍛えられない「インナーマッスル」が効率的に鍛えられる肺筋トレーニング用の器具です。

理屈としてはよくわかるんですが、それにしても8000円の価値はあるんでしょうか?実体験をもとに、徹底的にレビューしてみたいと思います。

パワーブリーズってなに?

以下、メーカーのホームページより。

「パワーブリーズ プラス スポーツ レッド」は、腹筋・背筋・横隔膜を強化する呼吸筋トレーナーです。本品は新型マウスピース、無段階負荷調整、精密で読みやすい負荷レベルメモリなど、従来のパワーブリーズの性能をさらアップしました。スポーツタイプは、スポーツを本格的に行っていたり、競技選手の方向け。体力に自信のある、体格ができている方にお勧めです。 息切れを軽減し持続力、パワーともにアップさせ、運動パフォーマンスをスピーディーに向上させます。階段を昇ると息があらくなてしまう方、ちょっとした運動でも続かない方から、プロスポーツ選手まで1日2回30呼吸でOKのパワーブリーズの使用をおすすめします。(引用元

ちなみにぼくは、重負荷タイプの「スポーツ」を買いました。結構負荷がかかるので中負荷タイプの「フィットネス」でもよかった気がします。初心者は軽負荷の「ウェルネス」がおすすめ。

パワーブリーズ開封の儀

本体、トリセツ、ノーズクリップ、収納袋、洗浄用タブレット(トライアルパック4個)。

メイド・イン・イングランドなんですね。

プロダクトのキャッチコピーは「Make every breath count」。呼吸をものにしよう!とでも訳すんでしょうか。

1日目、まずやってみる

朝6時起床。まずは歯を磨いてからパワーブリーズを取り出します。使い方は直感的にわかる気もしますが、一応、トリセツを読んでみました。

初日なので、負荷レベル0で試します。

最初は息が全く吸い込めませんでしたが、10回目くらいでコツがつかめました。どうやら横隔膜を使って吸い込まないと、通気口の弁が開かない設計になっているらしいです。正しく吸い込めば「カポッ」と弁が開く音がします。

30回終えるのに思ったより時間がかかりました(5分くらい)。

終わったらマウスピースを外して水道水で洗浄します。

2日目、コツがつかめた

朝6時起床。パワーブリーズを取り出して、昨日と同じく30回吸引します。もうコツはつかめたので結構楽にでました。でも、やっぱり5分くらいかかります。

横隔膜に筋肉痛などの異変は全く感じないです。いつもと違うことと言えば、朝の通勤電車の中で頭が異様に冴えていたことぐらいでしょうか。

3日目、夜ランの準備運動に

朝はパワーブリーズをやり忘れて出勤。危うく3日坊主になるところだったので、夜ランの前に30回吸引しました。

パワーブリーズをやれば、理論上、ウォームアップが短くてもスピードランができるはず。調子に乗って普段よりキロ10秒早いペースで走りだしましたが、お腹が痛くなり途中で歩く羽目に。

そんなすぐに効果がでるわけないか…。

4日目、就寝前に

就寝前に30回。負荷レベルを0から1に上げてみました。が、まったく吸い込めない…。結局、負荷レベルを0に戻しました。

5日目、ノーズクリップ装着

朝6時起床。今日はノーズクリップを初めて着けてみました。鼻から息が漏れなくするためですが、ぼくの鼻の形に合わなかったのか、すぐに外れてしまいます。欧米人の鼻の形に合わせて設計しているのでしょうか。

6日目、負荷レベルを1にアップ

負荷レベル0で自信が付いたので、パワーブリーズの下の部分をクルクル回して負荷レベルを1に上げました。メモリを見ながら調整できるようになっています。

最初の10回は苦しかったですが、徐々に慣れました。横隔膜を使っている感覚がものすごくあります。

7日目、呼吸のしかたが変わった + 洗浄

朝6時に目覚める。ベッドの中でウトウトしていると、ふと、呼吸のしかたが変わっていることに気づきました。パワーブリーズをくわえて呼吸しているときと同じように、横隔膜を使って息を吸い込んでいる感覚です。初めて変化を感じられたのでうれしかった!

負荷レベルは1のまま、午前中に30回。やはり、まだきついです…。

終わってから洗浄用タブレットを使ってみました。

洗浄用タブレットを水に入れると、シュワシュワっと溶け始めます。プールの消毒液のにおいがしました。

トリセツには、

  • パワーブリーズの本体部分は水に浸さないでください
  • バルブヘッドを洗浄液に完全に浸し、内部に空気が入り込んでいないか確認してください
  • 最低30分間、パワーブリーズを洗浄液に浸します
  • 30分後、パワーブリーズを水道水でよく流してください

と書いてあるので、本体部分を水に浸さないよう工夫してみました。

とまあ、1週間使用した感じをざっくばらんにまとめてみました。まだまだランニングでの効果は実感できませんが、今後も使い続けて、定期的にレポートしようと思います。

最新の価格をチェック

アマゾンで「パワーブリーズ プラス」の最新価格とレビューをチェックする

この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について