ロボットの走行能力はここまで進化していた!ボクト・イッショニ・ハシロウヨ

更新:

ロボットの走行能力はここまで進化していた!ボクト・イッショニ・ハシロウヨ

歩行ロボットがここまで進化していたとは驚きました。ランニングパートーナーはロボット、という時代が来るかもですね!

走るロボット

歩行ロボットの領域はアメリカのボストン・ダイナミクス社が有名です。もともとマサチューセッツ工科大学 (MIT)からスピンアウトし、国防高等研究計画局の支援を受けて四足歩行ロボットを開発。2013年にはグーグル社に買収され、2017年にはソフトバンクグループが買収を発表しました。

こちらは最新の四足歩行ロボットのスポット(Spot)君。体重は72キロ。油圧駆動を電子制御することで、パワフルかつ滑らかな動作を実現しています。

同じくボストン・ダイナミクス社が開発したチーター・ロボット(Cheetah Robot)は短距離が専門。最高時速はなんと時速45.5キロ、本物のチーターには及びませんが、最高時速37キロのウサイン・ボルトには圧倒です。

本家のマサチューセッツ工科大学 (MIT)でも歩行ロボットの開発が進められています。こちらは障害物競走が専門。目の前の障害物を察知して楽々と乗り越えていきます。

走る動作の本質について考えさせられる

日本のロボット研究の第一人者である大阪大学の石黒浩教授は、ロボット研究の本質は、人間の本質を知ることだと言います。

確かにロボットが走る動画を見ていると、走る動作の本質について深く考えさせられます。例えば、本田技研工業のアシモ君の走る様子を見てみましょう(6分40秒〜)。

以下は、高速度カメラで撮影した映像のスクリーンショットを切り出したもの。

これを見ていると、

  • 着地はかかとですべきか、つま先ですべきか?
  • 脚はどの程度曲げるべきか?
  • 膝に負担をかけないフォームとは?
  • 大転子を意識して動かすにはどうしたら良いか?

など、「そういえば自分はどう走っているんだっけ?」と考えさせられました。

あなたはロボットが走る様子を見て、何を感じましたか?

ワンポイントアドバイス

ランニングパートナーといえば、友達や家族、犬などが思いつきますが、10年後にはロボットと一緒に走っているかもしれません。真面目に考えても、走行ロボットはレース中の伴走や医療サポートなど、いろんな分野で応用ができそうです。

関連ケニア人選手のフォームに学ぶ、世界最強のランニングエコノミー(RE)

関連スローモーションで解明!ウサイン・ボルトの速さの秘訣は「直線美」である

関連恋とランニング。男女の「カップルラン」は長続きしないって知ってた?

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです。

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧