【クリール 2020年11月号】ペース感覚養成講座

ランニング月刊誌「ランニングマガジンクリール」の2020年11月号が発売されました。

メイン特集は、ペース幅が広がれば、ランの世界も広がる!ペース感覚養成講座

ペース走、ビルドアップ走、変化走、ファルトレク走など、ランニングでペース感覚を養うための練習方法をわかりやすく紹介しています。

ランニングのペース(速さ)をつかむのは簡単ではありません。ランニングウォッチがあれば簡単にチェックできますが、自分がキロ何分で走っているかなんて、正確に答えられないですよね。

ペース感覚を養う簡単な方法として、まずは200mなど短い距離でペースをつかむ練習を積み、徐々に距離を伸ばしていくのが良いそうです。

本誌では他にも、ビルドアップ走を数回繰り返す「コントロール走」や長距離走の途中でペースを変える「変速ロング走」など、ちょっと変わった練習方法も紹介。

男子マラソン元日本記録保持者の高岡寿成さんは、練習でペース感覚を大切にしていたとのこと。

本誌のインタビュー記事は、高岡さんが現役時代に行っていた40km走の途中でペースアップする「変化走」について語っています。

男子マラソン世界記録保持者のエリウド・キプチョゲも、変化走を積極的に取り入れています。

1分速く→1分遅くを30分間繰り返すファルトレク走が有名ですが、本誌では市民ランナーでも簡単に実践できるように「目標タイム別ファルトレクの取り組み方」を紹介しています。

これ一冊読むだけで、マラソントレーニングのバリエーションがグンと広がりますよ。

ランニングマガジンクリール」は、毎号ひとつのテーマをしっかり深掘してくれるので、ランニングの知識が深まります。

最近は「dマガジン」で、電子版を読んでいます。紙よりもお得でかさばらないのが良いですね。

ランニングマガジンクリール 2020年 11 月号