読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

【裏技】ランネットで「ペイパル支払い」を選ぶと、大会エントリー手数料が200円引きに

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

2019年8月31日までの期間限定キャンペーンです。

どうせクレジットカードで支払うなら、ペイパル経由で支払うのが断然お得。ペイパル(PayPal)のアカウントを持っていない方は、一度登録すれば、期間中に何度でも200円割引が適用されます。

ランネットのエントリー手数料

ランネット(Runnet)は、アールビーズ社が運営する日本最大級のマラソン大会ポータルサイトです。マラソンランナーなら、ほとんどの人が利用したことあるはず。

僕もいつもお世話になっていますが、エントリーする度に思うのが「ランネットの手数料って高いな…」ということ。エントリー手数料は、以下の通りです。支払い金額の約5%。

参加者支払額 手数料
~4,000円 205円
4,001円~ 5.15%(税込)

5%って、ひと昔前の消費税と同じレベルですよね。参加費が1万円だったら、500円ちょっと。ワンコインのランチが食べられちゃいます。

ペイパル支払いで200円OFF

そんな中、ペイパルとランネットがコラボして、エントリー手数料割引キャンペーンを実施しています。

支払い金額に関わらず、エントリー手数料が一律で200円安くなリます。通常の手数料が500円なら、ペイパル支払いだと300円。

キャンペーン期間は、2019年5月31日まで。

僕も実際に使ってみましたが、利用方法はとても簡単でした。アカウントの作成は3分ほどで出来ました。

  1. ペイパルでアカウントを作る
  2. ランネットで大会にエントリーする
  3. 支払い手段にペイパルを選ぶ

ペイパルで支払う方法

エントリー画面をお見せしながら、使い方を解説します。

1. ペイパルでアカウントを作る

すでにペイパルのアカウントをお持ちの方は2へスキップ。お持ちでない方は、ペイパルのアカウントを作りましょう。僕は今回、初めてペイパルのアカウントを作りました。

まずは、ペイパルの新規登録画面にアクセスし、「個人アカウント」を選びます。

それから氏名や住所、クレジットカードまたはデビットカードなどの必須情報を登録していきます。

最後に、メールアドレスの確認とSMSによる本人確認を行い、登録完了となります。

2. ランネットで大会にエントリーする

次に、ランネットでエントリーしたいマラソン大会を選びます。ここは、いつもの大会エントリーとまったく同じ流れになります。

今回僕は、10月に開催される「東北・みやぎ復興マラソン2019」のフルマラソンの部にエントリーしました。

参加費は、税込で12,500円。かなりお高いですね…。

3. 支払い手段にペイパルを選ぶ

さて、ここからが重要なポイント。支払い手段を選ぶ際に「PayPal」を選択します。手数料を見ると、クレジットカードが643円なのに対し、ペイパルはそれよりも200円安い443円となっています。

一旦、ペイパルの確認ページが表示されます。金額に間違いないことを確認して、「同意して支払う」で支払い手続きが完了します。

後ほど、支払い承認確認のメールが送られてきます。また、ペイパルの取引画面でも支払い履歴が確認できます。ちゃんと「東北・みやぎ復興マラソン2019」と表示されていますね。

ランネットのペイパル支払いは、思っていたより簡単に利用できました。

さいごに

ペイパル支払いを選んでも、ペイパルに登録したクレジットカードから引き落とされるので、間接的にクレジットカードで支払っているようなもの。ペイパル支払いだとエントリー手数料が200円安くなるのでお得ですね。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎

読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run