読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

ランネットの「ゆずれーる」の使い方。譲渡の流れを徹底解説します

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

ランネット(Runnet)でマラソン大会にエントリーした後に、何らかの事情で走れなくなった、という経験はありませんか?そんな時は、出走権を希望者に譲渡できる「ゆずれーる」という機能が使えるかもしれません。

対象期間中にボタンをポチッと押すだけで申請できます。譲渡が成立するとメールで通知が届き、参加費がポイントで返還されます。

この度、ゆずれーるで譲渡申請した「山中湖ハーフマラソン2019」の出走権の譲渡が成立しました。その経験を踏まえて、ゆずれーるの仕組みや譲渡の流れについて、わかりやすく解説します。

ゆずれーるの仕組み

ゆずれーるは、ランネットで出走権と譲りたい人と、エントリーしたい人をマッチングするサービスです。マッチングが成立すると、出走権が譲渡され、譲渡した人には参加料がポイントで戻ります。

大会にエントリーした後、仕事やケガなどの事情で参加できなくなったことはありませんか?新サービス「ゆずれ~る」は、RUNNET上であなたに代わって走りたい方を見つけます。出走権の譲渡が成立すると、参加料がポイント(RUNPO)で返ってくる、新しいサービスです。また、エントリーに間に合わなかった人は「ゆずれ~る」で譲渡された枠があれば、後からでもエントリーができます。ーー公式サイト

ゆずれーるは、対象のマラソン大会でのみ利用できます。

今回僕が利用した「山中湖ロードレース」は、ゆずれーるの対象です。エントリーページには「ゆずれーるエントリー期間」が掲載されています。

マッチングが開始するのは、エントリーの締切後または定員締切後です。

譲渡の流れ

譲渡の申請から成立までの流れを、時系列でご紹介します。

2019年1月20日:エントリー

ランネットで「山中湖ロードレース」のハーフマラソンの部にエントリー。

2019年2月16日:ゆずれーる申請

ハーフマラソンの部は2018年に参加したので、湖一周(13km)の部に変更を希望。マイページのエントリー履歴から、ゆずれーるの申請を行う。一度ゆずれーるを申請すると、申請をキャンセルすることは出来ないので注意が必要です。

2019年4月2日:譲渡が成立

譲渡が無事に成立!忘れた頃に、メールで通知が届きました。

参加費はポイントで返還

譲渡が成立すると、最初に支払った参加費は、手数料を差し引いた分がランネットのポイント(RUNPO)として戻ってきます。

今回支払った参加費は5000円。そこから、お譲り手数料540円が差し引かれ、4460ポイントがランネットのアカウントに加算されました。ポイントは、次回のエントリー時に、1ポイント1円として利用することが出来ます。

ちなみに、最初に支払った支払い手数料は戻ってきません。

後日、返金されたポイントで「釧路湿原マラソン」にエントリーしました!

さいごに

マラソン大会にエントリーした後で参加できなくなった人は、ゆずれーるが利用できるか確認してみましょう。今回僕は「どうせダメだろうな〜」と半分諦めて申請しましたが、無事に譲渡が成立しました。

参加費が戻ってくるのはもちろん嬉しいですが、DNSで参加枠を無駄にせずにできてホッとしてます。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎

読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run