読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

2020年版ランニング手帳【徹底比較】雑誌の付録でもらえます

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

早いもので、2019年もあと残り1カ月ちょっと。定期購読しているランニング月刊誌の『ランナーズ』と『ランニングマガジン・クリール』は、すでに2020年1月号が発売されています。

毎年、1月号にはランニング手帳(ダイアリー)が付録として付いてきます。早速、雑誌とともに、2020年番のランニング手帳を手に入れましたので、詳しく紹介します!

ランニング手帳

世の中に「手帳」は数多くありますが、ランニングに特化した「ランニング手帳」はほとんど見かけません。

ランニング日誌を書き留めるために、普通の手帳を使ったり、大学ノートを独自にカスタマイズしたりする人もいれば、紙の手帳を使わずにデジタルで管理する人もいます。

ちなみに僕は後者で、ランニング日誌はすべて「ストラバ」で管理しています。

走行距離や時間、心拍数などを正確かつ自動的に記録してくれるので、とても便利です。コメント欄に、体調や感じたことをメモしておけば、ランニング日誌がわりに使えます。

しかし、年間の計画を立てたり、月毎のまとめ・反省を記録するには、デジタルよりも紙の方が有利です。

その意味で、デジタル時代にも、ランニング手帳の存在意義は大いにあると思います。

ランナーズの「2020 ランナーズ・ダイアリー」

まずは、日本で最も読まれているランニング雑誌『ランナーズ』から。

ランナーズ 2020年1月号』には、2020 ランナーズ・ダイアリーが付録として付いてきます。

青のカバーに、A5サイズ(縦21cm・横15cm)、全87ページ。単行本よりも少し大きいサイズなので、書き込みやすく、持ち運びやすいのが特徴。

巻頭には、月間スケジュールが書き込めるようになっています。日別に、走行距離、レース・トレーニング予定、その他の予定を1行分。

ランニング日誌は、見開き2週間分。天気、走行距離、月間累積距離、体重、体脂肪率、睡眠、安静時心拍数の項目が印字されているほか、自由に書き込めるスペースもあります。

巻末には、出場した大会の結果が書き込めるレース結果表や、各月のまとめ・反省が書き込めるスペースがあります。

ランニングマガジン・クリールの「トレーニングダイアリー2020」

次に『ランニングマガジン・クリール』を見ていきましょう。

ランニングマガジンクリール 2020年1月号』には、トレーニングダイアリー2020が付録として付いてきます。

赤のカバーに、B5サイズ(縦25.7cm・横18.2cm)と、『ランナーズ』よりも大きいサイズ。

巻頭の年間計画表は、見開き6カ月分。1年の計画が俯瞰しやすいのがいいですね。

ランニング日誌は、見開き2週間分。天候、睡眠、走行距離、時間、体調、体重のほか、自由に書き込めるスペースもあります。

巻末には、レース結果一覧を書き込めるページもあります。

さいごに

なんだかんだ言って、手書きは便利ですよね。僕は毎日書いている日記や、仕事のメモは手書き派です。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎