12.2kmジョグ。浦和レッズ・レディア像とご対面 #練習日誌 2020/12/22

今日のランは4:51/kmペースで12.2kmのジョギング。シューズはナイキの「リアクト インフィニティ ラン フライニット」を履いて走った。走行安定性能が非常に高く、足元が暗い夜ランでも安心だ。コースは北浦和駅〜蕨(わらび)駅の区間を往復。

北浦和駅前からスタートし、JR京浜東北線沿いの細い道路を東京方面に向かって進んでゆく。浦和駅と南浦和駅を通過し、蕨駅の手前でGarminウォッチの距離表示が6kmを超えた。そこから折り返して、再び北浦和駅まで戻る。

線路沿いのコースを走るメリットは二つある。ひとつは横断歩道が少ないため、ノンストップで走り続けられること。今日走ったコースは、片道6kmの区間に横断歩道が二箇所しかないので信号待ちのタイムロスが短い。

もうひとつのメリットは、ランニング中に体調が悪くなっても電車に乗って帰れること。過去に何度かお腹が痛くなり、駅のトイレと電車に助けられた記憶がある。

今日の一枚

写真は、Jリーグ・浦和レッズのマスコットキャラクターの「レディア像」。北浦和駅東口の旧中山道沿いに二体立っている。その隣には、選手の足形(?)の銅板も展示されている。

道路沿いに立つキャラクター像で思い出すのが、福島県須賀川市にある「ウルトラマン通り」だ。JR須賀川駅近くの商店街には、総勢13体のウルトラマンのキャラクター像がずらりと立ち並ぶ。あれな異様な光景だった。

岡田メソッド――自立する選手、自律する組織をつくる16歳までのサッカー指導体系

あわせて読みたい