8.5kmジョグ。2021年上半期の本命レースは?【2021.3.15日誌】

ランニング日誌

今日のランは、8.5kmのリカバリージョグ。

昨日の10kmタイムトライアルは目標タイムどころか先月のタイムもクリアできず、不調に終わった。不完全燃焼だった。だからなのか、今日は絶好調の走りができた。

調子が良い時は、脚が自ずと前に出る。まるで脳からの指示を待たずに、自ら意思を持って動いているかのように。

さて、今後の予定について。

4月17日に出走予定だった「燕さくらマラソン」は、地元・新潟県民限定開催となり、目標レースがまたひとつ消えてしまった。

今後出走予定のレースは以下のとおり。

「カーター記念黒部名水マラソン」は2017年に参加している。3月下旬に開催可否を判断するとのこと。出走できるようであれば、こちらを本命レースとして、仙台ハーフはそのプレレース、向津具ダブルマラソン(フルマラソンの部)はファンランという位置付けで考えている。

まあ、新型コロナウィルスの状況が今後どうなるかは分からないので、すべて妄想だけで終わってしまう可能性はゼロではないが。。

今日の一枚

写真は、大宮区吉敷町のJR線のガード下。

アップダウンというほど大袈裟なものではないが、ちょっとした坂の上り下りがランニング中の良い刺激になる。

今日のランで履いたシューズは、ホカオネオネの「クリフトン 7」。マシュマロのような柔らかなクッションが、ロードランのダメージから守ってくれる。

ホカオネオネ クリフトン 7