12.6kmジョグ。明るいニュース【2021.3.16日誌】

ランニング日誌

今日のランは、12.6kmのジョギング。

テレワークの会議が長引いてしまい、いつもより遅い時間に走り始めた。

ここ数日間で立て続けに、別々の同僚から「ともさん、最近疲れてませんか?」と言われたのが心に引っかかった。「えー、そんなことないですよ」と言ったものの、もしかしたら自分自身が気づいていないだけかもしれない。

ジョギング中、ふくらはぎのハリが気になった。一昨日の10kmタイムトライアルからの疲労が抜けていないのだろう。この手の疲労は日常生活では気づきにくく、ジョギングなど軽い運動をして初めて、疲労が顕在化する。

放置すると故障につながるので、今晩は低周波治療でしっかりケアしよう。そんなことを考えながら夜道を走っていた。

今日の一枚

写真は、今日の装備類。お気に入りのガーミンウォッチ「fenix 6X」ではなく、シャツの方に注目してほしい。

青色のベースカラーに黄色のストライプ。これは昨年のボストンマラソンのバーチャルレースの参加賞でもらったものだ。

実は今朝、「ボストンマラソン2021」のエントリー概要が発表された。開催予定日は10月11日。出走者数を2万人に抑えての開催するとのこと。

昨年は4月に「ボストンマラソン2020」を走る予定だった。羽田〜ボストンの航空券も取っていたが、新型コロナウィルスの感染拡大により9月への延期を経て中止に。代わりにバーチャルレースに参加したが、熱中症のため39km手前で途中棄権(DNF)に終わるという苦い記憶がある。

そんなわけで「ボストンマラソン2021」の開催のお知らせは、とても明るいニュースだった。とりあえず応募資格は満たしているので、今年の10月に「心臓破りの坂」を走っている自分をイメージしながらエントリーするつもりだ。

ふくらはぎのケアには、オムロンの「コードレス低周波治療器(HV-F602T)」を使っている。コードレスなので治療中も動き回れるし、何よりもスマホアプリで治療メニューが操作できるのが気に入っている。

オムロン コードレス低周波治療器 HV-F602T