14.6kmジョグ。春の運動会【2021.5.22日誌】

ランニング日誌

今日のランは、14.6kmのジョギング。

1.2kmの周回コースを黙々と走り続けた。

同じコースをぐるぐる走るのは単調で退屈なので、走りながらいろんなことを考える。仕事で難航しているプロジェクトや今後の自分のキャリア、夏休みの旅行計画、子どもの教育など。

ランニング中にぼんやり考えているだけで、頭の中が整理されていく感じがする。面白いことに、後から振り返ると何を考えていたのか思い出せない。

でも走り終えた後はゴチャゴチャしていた頭がスッキリする。

これが、茂木健一郎さんがいう「デフォルト・モード・ネットワーク」なのかな。とにかくランニングは脳に良いらしい。

今日の一枚

写真は周回コースにて撮影。週末は人通りが少ない場所だが、今朝は近くの小学校で運動会があったため、小学生と家族を見かけた。

生徒の数はそんなに多くなかったので、密を避けるために日にちを分散しているのだろう。そういえば娘の小学校でも昨年は学年別に開催していたな。

走り方で脳が変わる! 茂木健一郎 (著)