29.5kmジョグ。4ヶ月ぶりの挑戦【2021.6.13日誌】

今日のランは、29.5kmのジョギング。

30km近く走ったのは、今年2月以来の4ヶ月ぶりだ。6月に出走予定だったフルマラソンがコロナの影響で中止になり、30km走をやる理由がなくなってしまった。しかしこのままだフルマラソンを完走する持久走が維持できなくなってしまう。そんな不安から久々に30kmに挑戦。まあ実際には500m足りなかったけど。。

コースは、北浦和〜見沼代用水西縁〜上尾瓦葺〜見沼代用水東縁〜見沼自然公園〜北浦和。

今回はウエストポーチやバックパックは身に付けず、パタゴニアの「エンドレス ラン ショーツ」を履き、以下の持ち物をポケットに詰め込んだ。

給水ボトル1本分(250ml)だけでは足りず、コース途中の水飲み場で2回補給した。夏場はいかにタイミング良く給水できるかが大事。水飲み場の位置はコース設計において重要なポイントだ。

天気予報では最高気温29℃と聞いていたが、実際には曇り気味でそれほど暑さを感じずに走れたのは良かった。

見沼代用水東縁では「見沼田んぼ」の風景に癒された。

調子が良かったのは25kmまで。ラスト5kmは正直キツかった。4ヶ月間のブランクがボディーブローのように効いてくる。やはりオフシーズンでも30km走は月イチでやっておくべきだと改めて実感した。

今日の一枚

写真は、東武野田線の大宮公園駅の近くで撮影。ちょうど東武野田線の車両が通過していった。この長閑な風景が大宮駅から走って15分のところにあるなんてちょっと信じがたい。

サロモンのソフトフラスクは3年前から使っているが、2020年に改良されたモデルは持ちやすさやキャップの部分が改良されている。

あわせて読みたい