27.0km旅ラン。日光街道、小金井の一里塚【2021.6.26日誌】

今日のランは、27.0kmの長距離走。

江戸五街道のひとつ「日光街道」の小山〜宇都宮区間を走ってきた。木、金曜日に続き、3日続けての長距離走は思ったよりシンドい。しかも今日は日差しが強くて蒸し暑く、熱中症になりそうな気候だった。

10kmも走らないうちにバテてきたので、道中のミニストップで早めの休憩を取った。店内にはイートインスペースがあり、涼みながらアイスやゼリーで体力回復を図った。

それ以降も4〜5km走るだけで頭が朦朧としてくる。以前、真夏のマラソンで熱中症にかかりかけたことがあり、熱中症の怖さは充分すぎるくらい理解しているつもりだ。

なので、Googleマップを確認しながら休憩ポイントをあらかじめ決めて、早めに休みを取ることにした。

今回、夏バテに効いたのがマクドナルドのマックシェイク。糖分を補給し、深部体温を下げるのちょうど良い。しかもシェイクはねっとりしているので、お腹がダボダボしない。

休み休みでなんとか目的地の宇都宮までたどり着いた。走行距離でいうと、4日間のうち最小区間なのに、暑さのせいで一番苦しく感じた。

1日目、2日目は走り終えた後に帰宅したが、3日目の今日は宇都宮のホテルで1泊する。明日は長丁場なので、早起きして8時までには出発したい。

今日の一枚

写真は、小金井宿の近くにある「小金井一里塚」。一里塚とは、街道沿いに一里(約4km)の間隔で置かれた塚を指す。小金井一里塚は東京・日本橋から22番目の一里塚で、総距離が約88kmであることを示している。

日光街道の道中ではいろんな一里塚を見かけたが、小金井一里塚が最も壮観でインパクトのある一里塚だった。

サロモン AGILE 2 SET

今回の旅ランでは、サロモンの2Lバックパック「AGILE 2」とハーフパンツの「XA 7インチ SHORT」に持ち物を分散させることで身軽に走ることができた。

あわせて読みたい