11.3kmジョグ。明るいっていいな【2021.7.12日誌】

今日のランは、11.3kmのジョギング。

18時半からウォームアップを始め、北浦和〜大宮氷川参道〜大宮公園のコースを走ってきた。

大宮氷川参道は、さいたま新都心から大宮氷川神社に続く全長約2kmの参道。僕のお気に入りコースのひとつだが、夜間は暗くて足元が不安なので平日の夜ランで走ることはあまりない。

ただし今の時期だけは例外だ。日没時間の19時を過ぎてもまだしばらく明るいため、18時台に自宅を出発すれば暗くなる前に往復して戻ってこられる。

改めて「明るいっていいな」と思った。

小学生の頃、親の仕事の関係で北欧のスウェーデンに住んでいた。

夏は白夜で日の出が4時頃、日没が22時頃だった。場所はイエテボリというスウェーデン南西部の都市なので、これでも日が沈んでいる時間は長いほうだ。北極圏へ行くと、もっと短くなる。

冬は逆に日の出が9時頃、日没が15時頃になる。日が出ている時間が少ないので、家の中で過ごすことが多くなる。

その反動もあってなのか、白夜の時期になると、心がウキウキしてたまらなかった。そんな感覚を、大宮氷川参道を走りながらふと思い出した。

今日の一枚

写真は、大宮氷川参道で18時43分に撮影したもの。参道沿いに立つ街灯が無意味と思えるほどに明るかった。

最後に余談だが、僕が住んでいたイエテボリは、スウェーデンで首都ストックホルムに次ぐ二番目に大きな都市だ。

とはいえ、日本人で知っている人はほとんどいない。外国人がTokyoは知っていても、Osakaは知らないのと同じことだろう。

そんなイエテボリには、世界的自動車メーカーのボルボ(Volvo)の本社がある(とイエテボリっ子は自慢に思っている)。

もうひとつ、マラソンブロガーとして誇らしいのは、世界最高のスポーツドリンクとして知られる「モルテン(Maurten)」の本社もイエテボリに置かれていることだ。

モルテンといえば、人類初のフルマラソン2時間切りを達成したエリウド・キプチョゲをはじめ、世界のトップマラソン選手が愛用するスポーツドリンク。

日本で買うと1袋1000円くらいする高価なものだが、僕も本命レースの前には飲んでいる。

ちなみに公式サイトによると、本社の住所は「Gibraltargatan 1A 411 32 Gothenburg Sweden」。もしかしたらこの建物の前を走っていたかもしれないし、走っていないかもしれない。

MAURTEN Drink Mix 360

あわせて読みたい