3.6kmペース走3本。プレクーリングに失敗(21/7/21)

今日のランは、3.6kmのペース走を3本。

シューズは先月発売されたばかりの「Cloudboom Echo」を履いて走った。Onの最速マラソンシューズでレース本番やペース走、ロングインターバルにおすすめの1足だ。

北浦和〜さいたま新都心

コースは、さいたま新都心周辺。2kmのウォームアップジョグから始まり、休憩を挟まずに1本目のペース走を4:15/kmペースで走り切る。蒸し暑いからか、思ったよりペースが上がらない。

もうひとつの誤算は、さいたまスーパーアリーナ周辺が東京五輪の関係で封鎖されていたこと。走り慣れたルートが通行できず、ペデストリアンデッキを上り下りして迂回するしかなかった。

これは落ち着いて走れないと思い、さいたま新都心の東口〜西口を行き来するルートに変更。2本目と3本目はは4:07/kmペースで走り切ることができた。

本当はもう1本走るはずだったが、明日は早朝から遠出する用事があるので、3本で切り上げることにした。

今日も相変わらず蒸し暑い。そこで身体への負荷を少しでも減らすために以下の工夫をしてみた。

まず、走り始める時間を遅くする。そのために先に夕食をとり、気温が下がり始める19時半まで自宅待機。

食後はクーラーの効いた寝室で30分間の仮眠をとった。心身ともに休めつつ、走る前から身体を冷やしておく。いわゆる「プレクーリング」というやつだ。

仮眠から目覚めると、リビングで家族がアイスを食べている。「パパのもあるよ」と言うので、断るわけにはいかない。お腹の中から冷やすのも「プレクーリング」と都合よく解釈して、走る直前にハーゲンダッツを食べてしまった。

すると、ペース走の途中でお腹が痛くなり、我慢に我慢を重ねて、3本目を走り終えた直後に公衆トイレへ猛ダッシュ。やっぱりアイスのプレクーリングはやめたほうがいいな。

今日の一枚

写真は、さいたま新都心地下道。さいたまスーパーアリーナ周辺が封鎖されていたので、今日はこちらの地下道を活用させていただいた。

On Cloudboom Echo

あわせて読みたい