11.0kmジョグ:三者三様 2021.9.23

今日はランニング中、道行く人たちにジロジロ見られた。理由はランニングウォッチを3つも付けて走っているからだろう。この度、マラソン世界王者のエリウド・キプチョゲが愛用しているCOROS(カロス)というブランドの「PACE 2」を購入したので、GarminとApple Watchとの計測精度を比較してみた。

COROS PACE 2

この記事の著者:とも

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

さいたま新都心

コースはいつもの北浦和〜さいたま新都心の往復10km。Garminだと10.6kmだが、COROSとApple Watchは11.0km。

3機種ともオートポーズ(自動停止)機能をONにしていたが、Apple Watchが最も反応が良く、次にGarmin、COROSの反応は鈍かった。なので距離が多めに出ているのかもしれない。

来年1月30日に熊本県天草市で開催される「天草マラソン」のハーフマラソンの部にエントリーした。2月20日に「北九州マラソン」のフルマラソンに出走するので、その予行演習として位置付ける。

「天草マラソン」に参加するにはワクチン接種証明が必要。早速、2回接種した証明書の写真を専用URLからアップロードしておいた。

せっかく天草まで行くので、レース翌日は「天草パールライン」を走ってみたい。全長17kmなので半日もあれば十分だろう。

今日の一枚

写真は、今日のランで使ったランニングウォッチ3種。左から「COROS PACE 2」「Garmin fenix 6X」「Apple Watch Series 6」。計測精度については、もう少し詳しく比較検証していきたい。

関連情報

COROS PACE 2