14.0kmジョグ:Garminが嫉妬する 2021.9.24

今日は定時に一旦仕事を切り上げ、仮眠→夕食→残業を経て、21時半から走りに出かけた。左腕には「COROS PACE 2」のランニングウォッチ。ようやく使い勝手が分かってきた。

COROS PACE 2

この記事の著者:とも

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

北浦和〜蕨

コースは、JR京浜東北線沿いの北浦和駅〜浦和駅〜南浦和駅〜蕨駅を行って帰ってきた。往復するとちょうど14km。浦和〜南浦和間は緩やかなアップダウンが続くため、ジョギングの中に適度な刺激も入れられる。

今週は祝日が2回もあり、平日は仕事で多忙を極めた。最終日の今日は朝から晩までびっちり予定が埋まっており、夕方にはボロ雑巾のような状態だったので、ランオフするつもりだった。

でも仮眠を取ったおかげで、心身ともにうまくリセットできた。ランニングにも集中できて、いつも以上にフォームとか、着地の状態とかに気を配ることができた。

仕事が忙しい日は、仮眠を取ってから夜遅くに走るのも悪くない。

新しいCOROS(カロス)のランニングウォッチ「PACE 2」はめちゃくちゃ軽くて使い勝手が良い。

インターバル走やトラック走などに特化した計測もでき、ランナーに必要な機能はほとんどカバーできているのではないか。スマートフォンと連携した通知機能もあるので、簡易的なスマートウォッチとしても使える。

まあでも一番気に入っているのは、COROSのモバイルアプリのユーザーインターフェース(UI)だ。Garmin ConnectやStravaよりもデータ類が整理されていて見やすい。

COROSはハード(端末)よりもソフトの方がぶっちぎりで優れていると思う。

とはいえ、長年愛用してきたGarminが嫉妬してしまうので、しばらくはGarmin、Apple Watch、COROSを使い分けていく。

今日の一枚

写真は、今日の折り返し地点である蕨駅近くで撮影した夜景。蕨(わらび)は江戸時代に中山道の宿場町として栄え、日本橋から2番目の宿場(1番目は板橋宿)が置かれていたところ。

関連情報

COROS PACE 2