9.3kmジョグ:不審者 2021.9.30

新しいLEDランニングライトを買った。今日はその明るさをチェックするために、街灯のない、真っ暗な場所を探しながら走ってきた。

GENTOS LEDライト リボルバー

一般的な懐中電灯としても使えるが、先端の部分を90度回転させるとリボルバー(回転式拳銃)のような持ち方ができる。

この記事の著者:とも

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

さいたま新都心

暗闇を求めて、とりあえずさいたま新都心方面へ向かうが、駅周辺には真っ暗な場所が見当たらない。駅から少し離れた住宅エリアに入ると、公園や空き地の真ん中とか、街灯と街灯の合間とか、ピンポイントで暗い場所があった。

そこで周りに人がいないことを確認して、ライトの明るさや光線の広がりなどを細かくチェック。

今回購入したのはGENTOS(ジェントス)の「リボルバー」というLEDライト。リボルバー(回転式拳銃)の名の通り、拳銃のように持って前方を照らすことができるのが特徴だ。

9月も今日で終わり。月間走行距離は自分史上最高の343kmだった。過去2年間は200km台に収まり続けていたので、300km超えは素直に嬉しい。

でも、もっと嬉しいのは無理なくこの距離を走れたことだ。

走行距離が増えると、故障のリスクも高まるわけなので、無理なく楽しみながら343km走れたことの意味は大きい。

今日の一枚

写真は、ランニングライトの明るさを検証している様子。スペック上は91m先まで照らすことができる。これだけ明るければ、ランニング中に不審者に遭遇しても怖くない。

と思いつつ、こんなことをやっている自分こそが不審者ではないか、と心配になってきた。

関連情報

GENTOS LEDライト リボルバー

一般的な懐中電灯としても使えるが、先端の部分を90度回転させるとリボルバー(回転式拳銃)のような持ち方ができる。