28.2km旅ラン:奥州街道【2】喜連川→鍋掛 2021.10.10

10月9日〜11日の3日間、泊まりがけで「奥州街道」を走って旅してきた。2日目の走行区間は喜連川(きつれがわ)から鍋掛(なべかけ)までの28km。シューズはミズノの「ウエーブライダー25」を履いて走った。

MIZUNO WAVE RIDER 25

メンズ 24.5〜30.0cm、レディース 22.5〜26.0cm、幅広SWもあり

この記事の著者:とも

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

喜連川→鍋掛

チェックアウトぎりぎりまで宿泊先でくつろいでいた。早く出発しても、次の宿泊先では15時までチェックインできない。なので15時に前後に到着するように逆算して出発時間を調整する。

旅ランの場合、道中で休憩したり、写真を撮ったりするので、通常のランニングよりも1.5〜2倍ほど時間がかかる。ノンストップであれば30kmのスロージョグは3時間弱もかからないが、旅ランだと4〜5時間は見ておいた方が無難だ。

荷物をなるべく軽くするために、エイド類は原則コンビニで補充する。トイレ休憩もできて一石二鳥だ。とはいえ、人口密集地から離れるにつれてコンビニの出現率が減っていくので、事前にGoogleマップで確認するようにしている。

今日は鍋掛というところまで走った。近くに宿がないため、走り終えた後に黒磯駅方面へ約3kmの道のりを歩き、この辺りでは唯一の旅館にたどり着いた。

チェックインの際に、見た目から登山客に見間違えられたが、奥州街道を走っていると伝えると、同じような人がよく訪れるという。鍋掛より先は白河まで宿がないため、ここしか選択肢がないらしい。

今日の一枚

写真は、道中の大田原付近にある「大田原の一里塚」。江戸時代には街道の両脇に一里塚が設置されていたが、こちらは片方のみ現存している。

関連情報

MIZUNO WAVE RIDER 25

メンズ 24.5〜30.0cm、レディース 22.5〜26.0cm、幅広SWもあり