33.3km旅ラン:奥州街道【3】鍋掛→白河 2021.10.11

10月9日〜11日の3日間、泊まりがけで「奥州街道」を走って旅してきた。最終日の走行区間は鍋掛から白河までの29km。シューズはミズノの「ウエーブライダー25」を履いて走った。

MIZUNO WAVE RIDER 25

メンズ 24.5〜30.0cm、レディース 22.5〜26.0cm、幅広SWもあり

この記事の著者:とも

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

鍋掛→白河

今日は走り終えたら自宅に戻るため、早く出発して早く帰宅したい。というわけで、朝6時半に支度を済ませ、7時にホテルで朝食をとり、8時前に走り始めた。できれば正午までにはゴールにたどり着きたい。

まずは、昨日走り終えた鍋掛まで、3kmの道のりを走る。ウォームアップジョグの代わりになるとはいえ、旅ランと関係ない区間を走るのは時間とエネルギーの無駄で嫌だ。

そんな自分を後ろから巡回バスが追い抜いていく。「ああ、その手があったか。。」と後悔しても既に遅し。

気を取り直して鍋掛から出発すると、いきなり上り坂が立ちはだかる。そこから緩やかなアップダウンが10kmほど続いた。

峠越えというほどでもないが、ペースの変化は求められる。フラットだと5:00/km、上りだと5:40/km、下りだと4:40/km。これが足腰へじわじわと負荷がかかる。

その次の10kmはフラットなコースが続くが、気温が25℃まで上昇したため、今度は暑さとの闘いだ。

ドリンクが底をついてしまい、近くにコンビニがないため道中の自販機で補充。もちろんSuicaには対応していないので、千円札か小銭しか使えない。

ラスト10kmは余裕を持って走れた。正午までにゴールできるように、ペースをコントロールしながら走った。

そして、11時49分に奥州街道の終着点にたどり着いた。宣言どおり、正午までに走り終えることができた。

しかしそれで終わりではなく、白河駅まで戻らないといけない。というわけで炎天下をゆっくりクールダウンジョグ。

以上をもって「奥州街道」の宇都宮〜白河の旅ランは無事終了。

今日の一枚

写真は、道中の芦野と白坂の間にある「泉田の一里塚」。遠くからでもひと目でわかり、近づいて見るとインパクトがある。

関連情報

MIZUNO WAVE RIDER 25

メンズ 24.5〜30.0cm、レディース 22.5〜26.0cm、幅広SWもあり