800mインターバル8本:悲鳴か?それとも甘えか?2021.10.20

昨日はランオフの日。仕事が一番忙しい毎週火曜日に合わせるようにしている。しかし疲れが抜け切らなかったのか、今日の調子はイマイチだった。

Skechers GORUN RAZOR 3 HYPER

今日の練習で履いたランニングシューズは、スケッチャーズの「GORUN RAZOR 3 HYPER」。日本ではあまり知られていないが、本国アメリカではメジャーブランドだ。ちなみに「さいたま国際マラソン2019」と「別府大分毎日マラソン2020」ではこれを履いてサブ3で完走している。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

さいたま新都心

練習メニューは800m走インターバル走を10本。

まずは2kmのウォームアップジョグから始まり、休みを挟まずに1本目を3:45/kmで走り切った。やや脚が重く感じる。2〜3本目も同じペースで走り終えると少し楽になってきた。

4〜5本目から調子が上向いてきたと思ったら、6本目からまたまた脚が重くなる。「今日はちょっと無理かも、8本でやめておこうかな」という考えが頭をよぎる。

これは身体が悲鳴を上げていて無理しないでおくべきか、あるいは単なる甘えであって追い込むべきなのか?

判断が難しい場合、これは「悲鳴」なんだと自分に言い聞かせて早めに切り上げるようにしている。オーバートレーニングで故障するよりも、ちょっと足らないくらいの方が安全だ。

というわけで、今日は8本目にて終了。

今月から「パーソナルトレーニング」を始めようと動いている。もちろん僕はトレーニングしてもらう側だ。日々の練習と並行して、ランニングのパフォーマンス向上を目的としたパーソナルトレーニングを受講する。

主に体幹や上半身など、ランニングだけでは鍛えづらい部分を強化したい。ランニングフォームや、もっと根本的な身体の動かし方についてもアドバイスが欲しい。

優秀なトレーナーの元で学びたいが、長く続けることを考えると、立地や費用などの条件も見極めないといけない。

とりあえず今週日曜日に体験を1件予約したので、まずは初めの一歩を踏み出したい。

今日の一枚

写真は、さいたま新都心駅東口のSHINTO CITY周辺。夜間にインターバル走をやる時はここが練習場。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

Skechers GORUN RAZOR 3 HYPER

今日の練習で履いたランニングシューズは、スケッチャーズの「GORUN RAZOR 3 HYPER」。日本ではあまり知られていないが、本国アメリカではメジャーブランドだ。ちなみに「さいたま国際マラソン2019」と「別府大分毎日マラソン2020」ではこれを履いてサブ3で完走している。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >