21.6kmペース走: 怪我と故障さえしなければ勝ち 2021.11.3

平日のフルタイム勤務の後にハーフをガッツリ走るなんてさすがに無理。なので今日が祝日で本当に助かった!ランチは糖質を多めに摂り、1時間ほど昼寝してからいざ出発。

ASICS METASPEED SKY

今日のペース走で履いたランニングシューズはアシックスの「メタスピードスカイ」。カーボンプレートを搭載したトップアスリート向けのモデルで、前足部のクッションに厚みを持たせることでストライド(歩幅)を大きく伸ばせるのが特徴。サイズはメンズが24.5~29.0cm/30.0cm、レディースが22.5~26.5cm。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

浦和〜蕨

今日の練習メニューは21.6kmのペース走。4:05〜4:15/kmの設定ペースで、3週間半後に走る「富士山マラソン」のテストラン的な位置付けでもある。

富士山マラソンの目標は3時間以内に完走する「サブ3」。ここでサブ3ペース(4:15/km)よりも速く、そして無理なく走り切れれば、自信を持ってレース本番に挑むことができる。

パフォーマンスを最大限発揮できるように、準備運動は入念に行った。パーソナルトレーニングで教えてもらったストレッチ&筋トレで股関節と肩甲骨の可動域を広げる。

2kmのウォームアップジョグから始まり、休みを挟まずに4:10/kmまでペースアップしてペース走を開始した。しばらくすると4:07/kmあたりで落ち着いたので、一定ペースを心がけながら走った。

コースは最近よく走っているJR京浜東北線沿い道路。浦和駅〜蕨駅の区間は横断歩道がなく、ノンストップで走り続けられるのが気に入っている。

基本的にキツいと感じることはなかったが、強いて言えばラスト5kmは脚が重く感じた。心拍数もこの辺りから170-180台に上昇している。

今日の感じだと、同じペースであと10kmは余裕を持って走れたのではないか。その意味では自信につながる走りができたと思う。

しかしフルマラソン(42.2km)はさらに10km残っている。30km以降はレースでもペースダウンしてくるので、どこまで粘れるかがポイントだ。

さらに「富士山マラソン」は中間地点の直後に高低差約100mの激坂が待ち受けている。この坂によるダメージが後半戦にどれくらい影響を及ぼすかは未知数だ。

まあ小難しい話は置いておき、今日は気持ちよく走れたので良しとしよう。

今日の一枚

写真は、蕨駅の先にある歩道橋。今日のペース走の折り返し地点でもあり、スロープになっているので助かった。

「注意一秒けが一生」には共感を覚えた。ランニングも一瞬の不注意が命取りになる。以前、本命レースの1週間前に足首を捻挫してDNSせざるを得なかったので、病的なほどに注意している。

また、オーバートレーニングで故障しないようにも注意している。こちらも過去に経験あり。

そういう経験を踏まえて断言できるのは「マラソンは怪我と故障さえしなければ勝ち」ということ。

と言いつつ、来週あたりに怪我したらカッコ悪いな。なので今日も疲労ケアをしっかりやろうっと。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

ASICS METASPEED SKY

今日のペース走で履いたランニングシューズはアシックスの「メタスピードスカイ」。カーボンプレートを搭載したトップアスリート向けのモデルで、前足部のクッションに厚みを持たせることでストライド(歩幅)を大きく伸ばせるのが特徴。サイズはメンズが24.5~29.0cm/30.0cm、レディースが22.5~26.5cm。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >