8.6kmジョグ:23時半就寝 2021.11.18

娘たちには早寝早起きを言いつけている割には、自分は早寝を実践できていない。睡眠時間はランニングのパフォーマンスにも影響するので、今週から23時半就寝(=早寝)を心がけている。

On Trail Breaker

ここ数日で気温がグッと下がってきたので、今日は「On Trail Breaker」をクローゼットから引っ張り出した。2つの素材を戦略的に使い分け、前面には保温性を高めるプロテクション機能、背面は通気性に優れたベンチレーション機能を持たせているのが特徴。ウォッチウインドウ・サムホール付きなのも嬉しい。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

北浦和〜さいたま新都心

今日の練習メニューは8kmのリカバリージョグ。

特に何も考えずに、いつもの北浦和〜さいたま新都心往復コースを走ってきた。走り慣れたコースは頭を使わなくても走れて、夜道でも安心だ。

最近は陽が沈むと急激に冷え込むようになった。薄手の長袖シャツだと寒すぎる。少なくともハイネックでインサレーション入りでないと、寒さで身体が強ばってしまう。

僕はランニングウェアには結構「投資」をしていて、冬でも快適に走れる高機能ウェアをたくさん持っている。

快適に走るためには、暖かいことと、汗で濡れないことがまず大事。つまり高い保温性と高い通気性を両立させないといけない。

矛盾するように聞こえるが、異なる素材を戦略的に配置することで両立は可能だ。

また、生地が伸縮性に乏しいとゴワゴワして腕振りの妨げとなる。ストレッチ素材であることも必須要件のひとつ。

さらに、首まわりを守るハイネックや手袋代わりになるサムホールがあると嬉しい。

こういう高機能ウェアを持っておくと、どんなに寒い日でも走りに出かける心理的ハードルがグッと下がる。

今日の一枚

写真は、今日のジョギングで着用した「On Trail Breaker」。手袋がわりになるサムホールが付いている上に、ランニングウォッチのディスプレイを外に出すウォッチウィンドウまで付いている。手元が暖かいと、体感温度がグッと上がる。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

On Trail Breaker

ここ数日で気温がグッと下がってきたので、今日は「On Trail Breaker」をクローゼットから引っ張り出した。2つの素材を戦略的に使い分け、前面には保温性を高めるプロテクション機能、背面は通気性に優れたベンチレーション機能を持たせているのが特徴。ウォッチウインドウ・サムホール付きなのも嬉しい。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >