6.3kmジョグ:誤差の範囲 2021.11.21

「富士山マラソン」まであと1週間。ハードな練習はすでに終わり、残りはゆるいジョギングとランオフだけ。

Apple Watch Series 7

注文していた「Apple Watch Series 7」がやっと届いた。前モデル「Series 6」から画面が少しだけ大きくなり、デジタルクラウン(ダイヤル)が扱いやすくなった印象。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

別所沼公園

今日の練習メニューは6kmジョグ。昨日「Apple Watch Series 7」が届いたばかりなので、早速ランニングの計測を試してきた。

距離計測の精度を検証するために、自宅から最も近い浦和の「別所沼公園」へ向かった。

ここのランニングコースは1周940m。果たして「Apple Watch Series 7」の計測結果は0.91km。実際の距離よりも30mほど足らず、誤差は約3%の計算になる。

同時に計測した「Garmin fenix 6X」は0.92kmで、実際のと距離の誤差は約2%だった。

ランニングウォッチのGPS計測に多少の誤差は付きもの。位置情報の精度は季節や天候など様々な要素に影響を受けるため、完全無欠な計測は期待してはいけない。

あくまでも目安として使うべき。

さらに周回コースを半周してから自宅へ戻った。

今日の一枚

写真は「Apple Watch Series 7」でストラバを起動した画面。

前モデルからサイズアップした画面で距離・ペース・心拍数が見れるので、ガチなトレーニングではない限り、「Apple Watch Series 7」はランニングウォッチとして充分に使える。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

Apple Watch Series 7

注文していた「Apple Watch Series 7」がやっと届いた。前モデル「Series 6」から画面が少しだけ大きくなり、デジタルクラウン(ダイヤル)が扱いやすくなった印象。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >