7.4kmジョグ:抽選結果のお知らせ 2021.11.24

今日もテーパリング目的の「ゆるジョグ」。3kmも走れば充分なのに、気づいたら定番コースで倍以上の距離を走っていた。

ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣

こちらは先日、マラソン世界王者のエリウド・キプチョゲがツイッターでおすすめしていた本。速攻ポチって読んでみたが、ランニングを習慣化にするために「定番コース」を持つことは理に適っているんだなと改めて実感した。ランニングに限らず、はじめの一歩が踏み出せない、あるいは長続きしない人におすすめの一冊。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

さいたま新都心

僕がいつも走っている定番コースは次のとおり。北浦和(東)→さいたま新都心(東)→さいたまスーパーアリーナ1周→さいたま新都心(西)→北浦和(西)→北浦和(東)。距離にすると10.5km。

週に2回、年に100回ほど走っているので、もはや意識を失っても走れるくらいに身体がコースを覚えている。車に例えると、自動運転で走行しているような感覚

こういう定番コースをひとつ持っておくと、疲れた日やサボりたい日でも、とりあえず走りに行けるので、結果的にランニングが長続きする。

しかし今日はそれが裏目に出て、走りすぎてしまった。自動運転に頼り切るのも良くない。

今日は嬉しいニュースがひとつ。

先日エントリーした「鹿児島マラソン2022」の抽選結果のお知らせが届いた。ドキドキしながら開封してみると、どうやら「落選」ではないらしい。

ところが「当選」の文字も見当たらない。でも封筒には「抽選結果のお知らせ」と書いてある。結局どっちなの?

案内を読んでみると、期日までに参加費を入金しろとしか書いてない。つまりこれは「(当選したから)参加費払ってね」という知らせだと理解した。

すでに出走が決まっている「北九州マラソン2022」は2022年2月20日に開催予定。「鹿児島マラソン2022」はその2週間後の3月6日に開催される。

両大会とも抽選制のエントリーで当選に至ったわけだが、まさか隔週で九州遠征することになるとは…。でもせっかく当選したので、両大会とも参加したい。

妻の了承を得るために、しばらく家事などを通して徳を積もうと思う。

今日の一枚

写真は、さいたま新都心駅東口のペデストリアンデッキの様子。駅西口とは違ったテイストのイルミネーションに彩られていた。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣

こちらは先日、マラソン世界王者のエリウド・キプチョゲがツイッターでおすすめしていた本。速攻ポチって読んでみたが、ランニングを習慣化にするために「定番コース」を持つことは理に適っているんだなと改めて実感した。ランニングに限らず、はじめの一歩が踏み出せない、あるいは長続きしない人におすすめの一冊。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >