読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

10.3kmジョグ:無性に走りたくなる時 2021.12.7

▶︎ #ランニング日誌

月に2〜3回、無性に走りたくなる時がある。今日は雨にも関わらず、朝からずっとそんな感じだった。防水・耐水仕様のランニングウェア・シューズで完全防備して走りに出かけた。

ノースフェイス GORE-TEX CAP

ノースフェイスの「ゴアテックスキャップ」は、防水透湿素材のゴアテックス(GORE-TEX)素材を使用した完全防水キャップ。雨の日のランニングの心強い相棒だ。

さいたま新都心

コースは、北浦和〜さいたま新都心の往復10km。雨の日は路面が滑りやすいので、走り慣れた定番コースを走るのが無難だ。

ランニングの計測は「Apple Watch Series 7」を使用。自分の操作ミスで計測を「停止」したまま走った区間があり、実際の走行距離よりも2kmほど短くなってしまった。

後ほどストラバで距離の修正をかけたら8km→10kmに補正された。

4日後に「伊豆大島マラソン」を走る。コースの途中には高低差約300mの「激坂」が待ち構えている。フルマラソンの途中で、東京タワーを歩いて昇り降りするようなものだ。

どれくらいのペースで挑むかはまだ悩んでいるが、平地では4:15〜4:25/km、坂では5:30〜6:00/kmが妥当なレンジのような気がする。

「伊豆大島マラソン」はエイドが充実しているらしいので、どんなご当地グルメが振る舞われるのか楽しみだ。

今日の一枚

写真は、今日のランニングで使用したノースフェイスの「ゴアテックスキャップ」とOnの「Trail Breaker」。

防水・耐水仕様のウェアを揃えておくと、雨の日でも走りに出かけるハードルがグッと下がる。

この記事で紹介したモノ

ノースフェイス GORE-TEX CAP

ノースフェイスの「ゴアテックスキャップ」は、防水透湿素材のゴアテックス(GORE-TEX)素材を使用した完全防水キャップ。雨の日のランニングの心強い相棒だ。

関連記事

GORE-TEX CAPレビュー:ノースフェイスの防水キャップ

On Trail Breakerレビュー:保温性と通気性に優れたトップス

Apple Watch Series 7レビュー:ガーミン・キラー

8.4kmジョグ:大寒の日の忘れもの 2022.1.20

5.0kmペース走2本:フロストバイトにエントリー 2022.1.19

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ:発熱するニット帽

10.0kmラン:52 Go to by Mizuno 2022.1.14

#ランニング日誌

ピックアップ

ウルトラスポーツ 反射アームバンド レビュー:3M製の高性能リフレクター

Wind Shield Pantsレビュー:自分史上最強の防寒ランニングパンツ

【2022年最新】男性ランナーが喜ぶプレゼントの選び方

ストレッチフリース手袋 レビュー:薄手なのに暖かいランニング手袋

冬のランニング:防寒ウェアを揃えたら、冬の月間走行距離が5割増えた話

ソフトフラスク (2020)レビュー:携帯しやすい給水ボトル

最新記事

8.4kmジョグ:大寒の日の忘れもの 2022.1.20

5.0kmペース走2本:フロストバイトにエントリー 2022.1.19

体成分分析「Inbody」を体験して分かったこと

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画