ともらん

練習日誌|【18.1kmラン】マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

2022年2月〜3月に出走予定だった3レースのうち「香川丸亀国際ハーフマラソン2022」と「北九州マラソン2022」の中止が決まった。残るは「鹿児島マラソン2022」。

今日履いたのはアシックスの最速級マラソンシューズの「メタスピードスカイ」。カーボンプレートと前足部の厚底クッションによりストライドがグンと伸びる。2021年に購入したランニングシューズの中で最も満足度が高かった1足。

ASICS METASPEED SKY」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

北浦和〜西川口

今日の練習メニューは18km走。コースは、JR京浜東北線の北浦和駅〜西川口駅の片道9kmを往復してきた。

スタート直後から絶好調。上半身と下半身の動きがシンクロし、全身を使って走れている感じだった。

ウォームアップ代わりに、30分間の体幹トレーニングを行ったのが効いているのかもしれない。

練習前のカーボローディングも抜かりなく、スタート30分前に1個約300kcalの「あんドーナツ」を投入しておいた。

絶好調な走りとは対照的に、2月〜3月のレースプランは悲壮感が漂う。

まず、2021年2月6日に今年の初レースとして参戦を予定していた「香川丸亀国際ハーフマラソン2022」の延期が決まった。正確には翌年への延期なので、実質的な中止。

そして2021年2月20日に参加予定だった「北九州マラソン2022」の中止も決まった。こちらは春シーズンの本命レースになるはずだった。

残るは2022年3月6日の「鹿児島マラソン2022」。厳しいかな…。

今日の一枚

写真は、JR京浜東北線・西川口駅〜蕨駅の区間。夜でも明るく、フラットコースで走りやすい。

目標としていたレースが中止になるのは残念だが、レースがなくても僕は走り続ける。走るのが好きだから。

今日履いたのはアシックスの最速級マラソンシューズの「メタスピードスカイ」。カーボンプレートと前足部の厚底クッションによりストライドがグンと伸びる。2021年に購入したランニングシューズの中で最も満足度が高かった1足。

ASICS METASPEED SKY」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

マラソンブログ"ともらん"を運営している"とも"です。詳しいプロフィールはこちら。この記事が気に入ったら、シェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事