練習日誌|【21.1kmレース】ダブル2位 2022.1.29

今日は2022年初のレース。地元・埼玉県の彩湖で「UP RUN彩湖マラソン大会」のハーフマラソンの部を走ってきた。

とも

今日のレースで履いたのはナイキの「ズーム フライ 4」。やや硬めのNike Reactフォームとカーボンファイバープレートが爆発的な推進力を生み出す。レースでもスピード練習でも活躍する頼れる相棒だ。

NIKE ZOOM FLY 4」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

彩湖

10時前に現地入りして、彩湖の東側にある会場で受付を済ませた。ハーフマラソンの部は10時半からのスタート。

序盤はオーバーペースに注意しながら、4:00/km前後で巡航。このペースを維持できれば、目標の1時間25分切りが達成できる。

6kmあたりから少しだけペースアップして、3:55/km前後で様子見することにした。9〜10kmが最も苦しく「まだ半分以上もあるのか…」と心が折れかけた。

ところが11kmあたりから身体がフワッと軽くなり、以降は楽に走れた。特に上半身のキレの良いおかげで、力を抜いた状態でもスピードが落ちなかった。

結果は、1時間22分39秒(グロス)。目標の1時間25分切りを余裕で達成した上に、ハーフマラソンでは過去に2番目に速いタイムだった。

しかも総合順位は2位で賞品までいただいた。

というわけで、僕のハーフマラソンの歴代トップ3のタイムが入れ替わった。

  • 歴代1位:上尾シティマラソン2018:1時間21分57秒
  • 歴代2位:UP RUN彩湖マラソン2022:1時間22分39秒
  • 歴代3位:ぎふ清流ハーフマラソン2019:1時間22分48秒

ちょうど1年前にも彩湖で「季節の彩湖ハーフマラソン2021」を入っているが、その時のタイムは1時間28分8秒。

この1年で、やっとコロナ前の自分に近づくことができた。

今日の一枚

写真は、レース後の表彰式で撮影。歴代2位のタイムと、総合2位の順位、ダブル2位を達成した。

とも

今日のレースで履いたのはナイキの「ズーム フライ 4」。やや硬めのNike Reactフォームとカーボンファイバープレートが爆発的な推進力を生み出す。レースでもスピード練習でも活躍する頼れる相棒だ。

NIKE ZOOM FLY 4」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

ナイキ公式オンラインストアなら、30日間の返品・返送料が無料。気になるシューズがあれば自宅で試着してみよう。

彩湖(さいこ)は、東京都と埼玉県の県境にある人造の湖。荒川洪水時の被害に備えた調節池として1997年に完成し、周辺には公園や運動場、バーベキュー広場やアスレチック場がある。今回は彩湖の北側に整備された周回4.7kmの「戸田マラソンコース」を走ってきたので紹介する。続きを読む

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。