練習日誌|【5.6kmジョグ】自分のカラダと向き合う 2022.1.31

足裏とアキレス腱が悲鳴を上げている。土曜日のハーフマラソンは会心のレースだったが、その代償は大きかったようだ。

とも

医師でマラソンランナーのマーク・ククゼラ博士の著書。マラソンに必要な栄養学や怪我の予防法など、実戦に役立つ情報が満載。

最高のランニングのための科学 ケガしない走り方、歩き方」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

さいたま新都心

土曜日に参加した「UP RUN彩湖マラソン2022」は、ハーフマラソンをセカンドベストの1時間22分39秒で完走。

会心のレースに気分が高揚して、その日の夜はなかなか寝付けなかった。

しかし脚への負担は想像以上に大きく、足裏とアキレス腱がボロボロの状態。

日曜日にパーソナルトレーニングでメンテナンスしてもらい、ずいぶん良くなったが、まだ疲労感が残っている。

今日はペースを落とし、距離を短くして、自分のカラダの声に耳を傾けながらリカバリージョグを行った。幸い痛みはない。

走りながら、もう次のレースのことを考えていた。

2月は「香川丸亀国際ハーフマラソン」と「北九州マラソン」の中止が相次いだため、2022年3月13日の「フロストバイトロードレース」が次のレースとなる。

こちらも種目はハーフマラソン。これまでフルマラソンに向けた練習を積んできたが、2月は距離よりもスピードに重視した練習に切り替える。

できれば2月の中旬〜下旬のどこかで、10kmのレースもしくはタイムトライアルを走っておきたい。

今日の一枚

写真は、週末に読んだ『最高のランニングのための科学 ケガしない走り方、歩き方』。自分のカラダと上手く向き合うヒントが詰まっていて、付箋だらけになってしまった。

とも

医師でマラソンランナーのマーク・ククゼラ博士の著書。マラソンに必要な栄養学や怪我の予防法など、実戦に役立つ情報が満載。

最高のランニングのための科学 ケガしない走り方、歩き方」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。