ともらん

練習日誌|17kmレース&ジョグ:渡良瀬遊水地と三県境 2022.2.23

今日は祝日。朝から「渡良瀬遊水地」の10kmレースに参加し、その後7kmの周回コースをのんびり走ってきた。

昨日発売された『月刊ランナーズ 2022年4月号』。表紙モデルは期待の新人・不破聖衣来さん。久しぶりに読み応えのある内容だった。

月刊ランナーズ 2022年4月号」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

渡良瀬遊水地

渡良瀬遊水地は埼玉県・群馬県・栃木県の県境にある日本最大の遊水池。

近くに「三県境」という有名なスポットがあるが、ここは直径1m内に埼玉県・群馬県・栃木県が隣り合わせとなっている。

2〜3月の都市型マラソン大会が相次いで中止となったため、代わりにエントリーしたのが、本日開催された「スポーツメイトラン渡良瀬遊水地マラソン大会」だ。

小規模のローカル大会だが、コロナ禍でも密を避けて開催していただけるのは本当にありがたい。

今回参加したのは10kmの部。1周5.4kmの周回コースを2周弱する。

遊水池の周りを走るフラットコースだが、北側は向かい風が強く、心が折れそうになる。

前半5kmは3:45/kmペースで巡航するが、6〜8kmはややペースダウンする。ラスト2kmは気合を入れて巻き返し、37分42秒でフィニッシュ。

目標の37分切りは未達だったが、良い練習になった。練習ではここまで追い込むことはできなかっただろう。

20分ほど休憩してから、7km周回コースをジョギングしてきた。

1周7kmのコースは使い勝手が良い。軽めのジョギングにちょうど良い距離だし、3周すればハーフマラソン、6周すればフルマラソンだ。

今日の一枚

写真は埼玉県・群馬県・栃木県が隣り合わせの「三県境」。渡良瀬遊水地の中央エントランスから走ってすぐの場所にある。

昨日発売された『月刊ランナーズ 2022年4月号』。表紙モデルは期待の新人・不破聖衣来さん。久しぶりに読み応えのある内容だった。

月刊ランナーズ 2022年4月号」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

マラソンブログ"ともらん"を運営している"とも"です。詳しいプロフィールはこちら。この記事が気に入ったら、シェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事