練習日誌|9kmジョグ:3年越しの山中湖ロードレース 2022/5/19

「黒部名水マラソン2022」まで残り3日。練習メニューは9kmジョグと背中〜腰の筋肉をほぐすストレッチを行った。いい感じに調整できている。

とも

今日のジョギングの相棒はOnの「Cloudvista」。軽量トレランシューズだが、ロードでもめちゃくちゃ快適に走れる。

On Cloudvista」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

北浦和〜さいたま新都心

昨日は珍しく午前2時まで仕事した。今日も朝9時から夕方まで頭をフル稼働させていたので、走りに出かける頃にはもうヘトヘトだった。

こんな日はランオフするよりも、逆に走りに行きたい。走ることで脳がリセットされるし、適度に疲れることで寝つきが良くなる。

コースは北浦和〜さいたま新都心の往復9km。

いつもの走り慣れたコースだと、あまり頭を使わずに走れる。これは意外と知られていないハックだ。

今日はランニング中の記憶がほとんどないので、恐らく脳がスリープモードのまま走っていたのだろう。

今後のレースの予定は以下のとおり。

  • 2022年5月22日:黒部名水マラソン(フル)
  • 2022年5月29日:山中湖ロードレース(13.6km)
  • 2022年6月4日:熊本空港マラソン(10km) DNS
  • 2022年6月5日:信州安曇野ハーフマラソン(ハーフ)
  • 2022年6月26日:国境マラソンIN対馬(ハーフ)
  • 2022年7月3日:嬬恋高原キャベツマラソン(ハーフ) 中止
  • 2022年8月28日:北海道マラソン(フル)
  • 2022年9月25日:一関国際ハーフマラソン(ハーフ)
  • 2022年11月6日:富山マラソン(フル)→本命レース

今週末からは「黒部名水マラソン」「山中湖ロードレース」「信州安曇野ハーフマラソン」と3週連続でレースが続く。いずれも自己ベストは狙わず、カラダに負担をかけすぎないペースで走るつもりだ。

「キャベツマラソン」が中止になったのは残念だった。家族全員で走る予定だったのに……。その反動で申し込んだ「メロンマラソン」はエントリーした翌日に中止が決定した。なんか怖かった。

そんな中「信州安曇野ハーフマラソン」の参加キットが届く。Tシャツの色がティファニーブルー(?)で見ているだけで目がチカチカする。

そして「山中湖ロードレース」の参加キットも無事到着した。アスリートビブス(ナンバーカード)と共に新聞が入っているのかと思ったら、大会パンフレットだった。さすが主催が日刊スポーツだけある。

今日の一枚

写真は、「山中湖ロードレース」の一面。文字どおり3年ぶりの開催なんだよな…としみじみ思う。

「山中湖ロードレース」は2018年にハーフで初出場して以来、毎年エントリーしている。2019年は湖1周に挑戦。2020年もエントリーしていたが、新型コロナの感染拡大で中止に。2021年は開催されず。

今年は無事開催されることを祈りたい。

とも

今日のジョギングの相棒はOnの「Cloudvista」。軽量トレランシューズだが、ロードでもめちゃくちゃ快適に走れる。

On Cloudvista」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

山中湖(やまなかこ)は、山梨県南東部にある淡水湖で「富士五湖」のひとつ。湖畔に整備された約13kmの周回コースは、サイクリングやランニングを楽しむ人たちでいつも賑わっている。コースの最大の魅力は、富士山を見ながら走れること。続きを読む

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。