練習日誌|11kmジョグ:夜ランの必須アイテム 2022/7/7

ポイント練習の翌日のリカバリージョグ11km。北浦和→さいたま新都心→大宮公園→大宮氷川参道→北浦和のルートで走ってきた。

とも

大宮公園〜氷川参道

今日も夜の大宮公園をジョギングしたい気分だった。

公園周辺は街灯が少ないため、夜道は足元が暗くて良く見えない。4年前には足首を捻挫して全治4週間のケガをしており、夜間に大宮公園を走ることがトラウマになっている。

そこで細心の注意を払いながら、ゆっくり走ることにした。リカバリージョグなのでペースは5:30/km前後。これくらいの速度なら、万が一足を捻っても体制を立て直せる。

夏になると夜間に走る「夜ラン」の需要が高まる。日中は運動するに暑すぎるので、涼しい夜間に走る人が多いのだろう。

まだ気温の低い早朝に走る「朝ラン」という手もあるが、早起きして走るより、夕方以降に走る方が気がラクだ。もともと僕は早起きが苦手だし、平日は夕方まで仕事があるので夜ラン派。

そんなわけで、夜道でも安全に走れるアイテムにはかなり投資している。ランニング用ライトやリフレクター(反射材)、夜間専用メガネなんかも持っている。

今日の一枚

写真は、夜の「大宮氷川参道」の様子。足元は暗いが、歩行者専用なので夜道でも安心して走れる。

とも

ランニング用のリフレクター(反射材)を探している人におすすめなのが、ウルトラスポーツの「反射アームバンド」だ。スリーエム(3M)製の高性能な反射材を採用し、マジックテープでサイズを調整しながら腕や足などに固定できる。しかも購入日から2年間のメーカー保証付き。2個セットで600円台なので、もはや買わない理由がない。続きを読む

ウルトラスポーツ 反射 アームバンド」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

人気のメガネ量販店のJINS(ジンズ)でランニング用のメガネを作ってきた。もともと度付きのサングラスを作るつもりが、夜間での視認性を高める「ナイトレンズ」も選べることを知り、同じフレームでナイトレンズ仕様のランニングメガネも発注することにした。これが大正解。今や夜ランの必需品となっている。続きを読む

」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。