24kmジョグ:諦める勇気 2022/7/23

練習日誌

今日は久しぶりに30km走!の予定だったが、最高気温35℃の暑さに勝てず24kmで切り上げた。炎天下では我慢は禁物、諦めが肝心。

秋ヶ瀬公園〜彩湖

10時に北浦和を出発し、常磐緑道〜別所沼公園〜秋ヶ瀬緑道を経由して、荒川の辺りの「秋ヶ瀬公園」へ。

ちょうど木陰になっていた公園の東側へ移動し、片道2.5kmの直線コースを2往復。気温は30℃を超えていたが、木陰だと体感温度が5℃くらい低く感じる。

それから荒川土手〜さくらそう水門を経由して彩湖へ移動。そのまま反時計回りで周回し、北浦和に戻って30kmにするつもりだった。

しかし気温が35℃に達し、炎天下にさらされると異次元の暑さを感じる。大事をとって21km地点で15分の休憩を取ることにした。

残り9kmはペースダウンして走り切ることもできたが、熱中症になったら大変。途中でルートを変更してJR埼京線・西浦和駅で終了。そこから電車で北浦和に戻った。

今回、熱中症対策で工夫した点は以下のとおり。

  • できる限り木陰を走る
  • 「ニューすずしん帽クール」に「アイスバッテリー」を入れて首筋を冷やす。冷却が2時間ほど持続する。
  • サロモンの「ソフトフラスク」を手持ちし、こまめに水分補給。飲み干したら水飲み場で補給する。
  • 「イオンウォーターパウダー」を携帯し、水に溶かして飲む。これでミネラル補給もできる。

しかし最も効果的な熱中症対策は、無理をしないこと。今回は「30km走」にこだわらず、24kmで潔く切り上げることができた自分を褒めてあげたい。

今日の一枚

写真は、秋ヶ瀬公園から彩湖に向かう途中で撮影。「あれ、ここ北海道?」と疑ってしまうような景色。ちなみに彩湖では「あれ、ここ沖縄?」と錯覚するような写真が撮れた。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

手のひらを冷やすと深部体温が下がり、熱中症予防に有効だと言われている。今回購入した「アイスバッテリー フレッシュ」は、手のひらにギリギリ収まるサイズで、冷却機能が1時間以上持続する優れもの。暑い夏のランニングに役立ちそうなので、注意点なども含めて詳しく紹介する。

アイスバッテリーフレッシュ」の最新価格を今すぐチェック!

暑い夏のランニングを快適に楽しむために、サロモンの「ソフトフラスク 150ml」を購入した。ソフトフラスクは、柔らかくて折りたたみ可能な給水ボトル。飲んだ分だけ容量が圧縮されるので、ランニング中でも水がジャバジャバしない。

サロモン ソフトフラスク 150ml」の最新価格を今すぐチェック!

正式名称は「ポカリスエット イオンウォーター パウダー スティックタイプ」。水に溶かすとスティック1袋(5.4g)が180mlのイオンウォーターに変身する。マラソンブロガー的には、水飲み場で給水ボトルを補充する時に使うのがおすすめだ。

イオンウォーター パウダー 180ml」の最新価格を今すぐチェック!

埼玉県戸田市にある彩湖(さいこ)の「戸田マラソンコース」を紹介します。荒川沿いの緑地に広がり彩湖を1周するコースは1周4.7km。東京都の県境に位置し、首都圏からのアクセスしやすい割に自然を感じられる開放的なところです。彩湖では、ほぼ毎月のように何かしらのマラソン大会が開催されています。

#練習日誌

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。