練習日誌|11kmジョグ:疲労のバロメーター 2022/7/25

新型コロナウィルスの感染者数が急増している。なるべく人混みを避けるために、今日は人通りの少ない夜間に走りに出かけた。

とも

大宮公園

コースは、北浦和〜大宮公園の往復11km。今や夜ランのマイ定番コースになりつつある。

1回のランの最低走行距離は10km以上と決めているが、平日のフルタイム勤務後の10kmは精神的負荷がハンパない。

これが周回コースだと「今日は疲れてるし、短く切り上げようかな」という誘惑に駆られる。

一方で今日みたいな直線ルートを往復するコースだと、折り返し地点に到達したら同じ距離を走って戻らないといけない。だからこそ、平日の夜ランに適したコースだと言える。

僕は心が強くないので、こんな感じで自分をうまく騙しながら日々練習をこなしている。

ここ数日間で3つのレースにエントリーした。いずれも2023年に開催予定の大会だ。

まず、2023年3月12日に開催予定の「びわ湖マラソン」。半年以上先だが、7月22日にエントリーが開始。エントリーが始めるとアクセスが集中し、40分経ってもページが表示されず、45分でようやくエントリー完了。

人気マラソン大会の「クリック合戦」はこれまで何度も経験しているが、ここまで待たされたのは初めてだった。

次に、2023年1月22日に開催予定の「さいたまランフェス」。地元さいたま市浦和区の「浦和駒場スタジアム」を起点に走る10kmの部にエントリーした。

「さいたま国際マラソン」は2019年大会をもって終了してしまったので、こうして地元で大会が行われるのは素直に嬉しいし、ランナーとして応援したい。

その前日の2023年1月21日には同じく「さいたまランフェス」のファンランの部が開催される。親子ラン1.5kmの部にエントリーし、僕と長女、妻と次女の親子ペアで参戦する予定だ。

今日の一枚

写真は、大宮氷川参道の入口にある鳥居。JRさいたま新都心駅東口から500mほど離れた場所にある。

今日のジョギングの相棒はブルックスの「ゴースト14」。適度に硬いミッドソールのレスポンスがよく、ジョギングから自然とペースアップできるシューズだ。

しかし日曜日の炎天下ロングランの疲れが残っていたのか、感覚的には4:30/kmペースで軽やかに走っているつもりが、手元のランニング時計を見ると5:00/kmを超えるペースだった。

この体感ペースと実際のペースの差分は、疲労のバロメーターでもある。

とも

2021年9月に発売されたGHOST 14(ゴースト 14)は、ブルックスのランニングシューズのフラグシップモデル。シリーズ14代目となる最新モデルはミッドソールに衝撃吸収素材「DNA LOFT」を100%使用することで、足圧分散の優れた履き心地を実現している。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。続きを読む

ブルックス ゴースト 14」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。