11kmジョグ:最高気温40℃ 2022/8/2

練習日誌

今日は地元さいたま市の最高気温が40℃に達し、20時を過ぎても36℃という異常な暑さだった。

大宮公園

コースは昨日と同じ北浦和〜大宮公園の往復11km。

暑いと頭が働かないし、何も考えたくもない。そんな時は何も考えずに走れる定番コースが無難だ。

最初の2mは「リポビタン アイススラリー」をちびちび飲みながら深部体温を下げてゆく。

それ以降は、サロモンの「ソフトフラスク」に詰め込んだドリンクを3分おきに飲む。中身は「経口補水パウダー ダブルエイド」を水道水で溶かしたもの。

経口補水は市販のスポーツドリンクよりも電解質濃度が3〜4倍も高く、脱水症や熱中症の予防に効果が期待できる。

ちょうど20時に折り返し地点の大宮公園に走る。しばらく園内のベンチで涼みながら気温をチェックすると「36℃」というありえない数値が目に飛び込んできた。

今日は新兵器を2つ投入した。

ひとつは、アシックスの「ACTIBREEZE半袖シャツ」。生地がペラッペラに薄く、通気性に優れているため、汗の吸収を最低限に抑えてくれる。

もうひとつは、アシックスの新作シューズ「ゲルカヤノ29」。さすがシリーズ29代目だけあって、完成度が非常に高く、特にヒール周りのサポートが最高だった。もっと早くに「ゲルカヤノ」と出会っていれば、と後悔するほど感動した。

詳しいレビューは後ほど更新する。

今日の一枚

写真は「ACTIBREEZE半袖シャツ」の完走後の様子。肌に触れる部分は汗で濡れているが、それ以外の部分はサラッサラに乾いている。つまり繊維をつたって汗で滲みてこないということ。これはめちゃ快適。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

暑い夏のランニングを快適に楽しむために、サロモンの「ソフトフラスク 150ml」を購入した。ソフトフラスクは、柔らかくて折りたたみ可能な給水ボトル。飲んだ分だけ容量が圧縮されるので、ランニング中でも水がジャバジャバしない。

サロモン ソフトフラスク 150ml」の最新価格を今すぐチェック!

大正製薬がアスリート向けに開発した「リポビタン for Sports」シリーズ。今回は、凍らせて飲む「リポビタン アイススラリー for Sports」を紹介する。運動時に失われやすい塩分やクエン酸、ビタミンB1・B2・B6等が補給出来るだけでなく、冷却剤としても使えるので、暑い季節のランニングの熱中症対策におすすめだ。

リポビタンアイススラリー for Sports」の最新価格を今すぐチェック!

#練習日誌

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。