14kmラン:3週間後のハーフ 2022/9/5

練習日誌

北海道マラソンを完走してから1週間が経った。リカバリーモードから脱却して今日から練習を再開する。次のレースは3週間後の「一関国際ハーフマラソン2022」。

大宮公園

練習メニューは、4:45/km前後のペースで14km走。

コースは、今や定番となりつつある北浦和〜大宮公園を往復。

フルタイム勤務後に10km以上の距離を走るのは正直しんどい。しかし、このコースだけは「スッ」と走り始められて、気づいたら12kmを走り終えている。理由は分からない。

往復するだけだと距離が2km足りないので、大宮公園の周回コースをプラス1周し、さいたま新都心で「トイレ休憩」の寄り道をして帳尻を合わせた。

先週から日が暮れるのが早くなり、街灯の少ない大宮公園をノーライトで走るのはもはや危険。今日は持ってくるのを忘れてしまったので、iPhoneのLEDライトで凌いだ。

ちなみにiPhoneのLEDライトは明るさは調整できることご存じだろうか。明るさMAXだと暗闇でも4〜5m先を照らせる。手持ちは疲れるけど、非常用ランニングライトとして重宝する。

今日の一枚

写真は「一関国際ハーフマラソン2022」のアスリートビブス(ナンバーカード)。今日自宅に届いたばかり。

一関国際ハーフマラソンは毎年9月に岩手県一関市で開催される大会。去年はエントリーしていたが、新型コロナの感染拡大により中止を余儀なくされた。

今回は2回目のエントリーで初出場となる。走りやすいフラットコースらしいので、3:55/km前後のペースで攻めてみるつもりだ。

最寄のJR一ノ関駅は東北新幹線が停まる。大宮駅からの所要時間は最短90分と、埼玉の自宅から意外とアクセスしやすい。

さらにJR一ノ関駅から東北本線で2駅北上すると平泉駅がある。あの世界遺産「平泉」の最寄駅だ。前日は早めに岩手に入り、平泉周辺で旅ランするのを楽しみにしている。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

大宮公園は、埼玉県さいたま市にある県営の公園。大宮公園、大宮第二公園、大宮第三公園の3つの公園があり、園内には運動場やテニスコート、ランニングコースが整備されている。地元住民として愛着のある大宮公園の魅力をわかりやすく紹介する。

#練習日誌

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。