1100mインターバル走:モヤモヤが残る 2022/9/8

練習日誌

今日の練習メニューは1100mインターバル走を8本。の予定だったが、5本目で心が折れ、6本目で力尽きてしまった。

さいたま新都心

火〜水曜日は2日連続でランオフ。

水曜日は1100mインターバル走の日だったが、大雨のため1日遅らせることにした。

ジョギングだったら大雨でも走るけど、さすがにインターバル走は……。滑って転ぶリスクもあるし。

というわけで、今日は2kmのウォームアップジョグから始まり、そのまま1100mインターバル走に突入した。設定ペースは3:35/km〜3:45/km。

1本目は3:31/kmで走り切った。ちょっと速すぎる。2分半のリカバリージョグを挟み、2本目は3:35/km。

4本目まで同じペースでこなすが、5本目で「今日は8本走り切るの無理かも……」と心が折れてしまった。

6本目は脚が思うように上がらず、でも何とか3:36/kmで走り切った。それから2kmのクールダウンジョグを経て、今日の練習は終了。

練習メニューを完璧にこなせなかった日はモヤモヤが残るけど、無理したところでケガや故障を招くだけだ。

気持ちを切り替えて、また明日からがんばろう。

今日の一枚

写真は、Onの新作ハーフパンツ「5″ Lightweight Shorts」。前モデルの「Lightweight Shorts」はウエスト周りのフィット感とバックポケットの安定性に不満を感じていたが、新モデルではいずれも解消されていた。後ほどレビューをまとめる。

今日のインターバル走の相棒は、サッカニーの「エンドルフィンプロ3」。2022年に買ったハイスピードシューズの中で自分の足に最もフィットする。11月の本命レース「富山マラソン2022」はこれで挑む予定。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

2022年に発売されたOnの新作ハーフパンツ「5" Lightweight Shorts」を紹介する。旧モデル(2018年・2020年)の良い部分を継承しつつ、インナーパンツを改良して股間の快適性を高めている。一方で、収納ポケットはもう一歩、工夫が欲しいところ。

On 5" Lightweight Shorts」の最新価格を今すぐチェック!

2022年8月に発売されたサッカニーの最速マラソンシューズ「エンドルフィンプロ3」を紹介。PWRRUN PBクッションを増量したことで、前作よりもカーボンプレートの反発力が生かしやすくなった。このライド感はクセになる。

サッカニー エンドルフィンプロ3」の最新価格を今すぐチェック!

#練習日誌

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。