10kmジョグ:白馬の山頂と山麓 2022/9/17

練習日誌

三連休は長野県の白馬に滞在している。今日は家族と一緒に白馬岩岳マウンテンリゾートと白馬駅周辺を観光しながら、ひとりでジョギングも楽しんできた。

白馬岩岳マウンテンリゾート

埼玉県の自宅から白馬までマイカーで向かうと最短でも4時間はかかる。

ドライブは嫌いじゃないけど、連休初日と最終日に4〜5時間運転するのはさすがにシンドい。

そこで今回は、往路だけ軽井沢で前泊することにした。金曜日の夕方に軽井沢まで2時間、土曜日の午前中に軽井沢から2時間半かけて白馬にたどり着いた。

白馬岩岳マウンテンリゾート

昼前に「白馬岩岳マウンテンリゾート」に到着。

車を停めてゴンドラに乗り、標高約1300mの山頂を目指す。お目当ては、妻が行きたがっていた「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR」。ちょうどタイミング良く晴れて、北アルプスの絶景が一望できた。

妻と娘たちがランチを食べている間に、ひとりで「ねずこの森」というトレッキングコースを走ってきた。1周約2km。歩くと1時間半かかるらしいが、トレランだと16分で戻って来られた。

それから別の散策路を経て、最近オープンした新スポット「白馬ヒトトキノモリ」まで走ってきた。標高差150mを1km強の距離で一気に降った。

さらに「白馬ヒトトキノモリ」から山嶺まで降りるルートを走る予定だったが、時間に余裕がないのと、散策路の入口を見つけられなかったため、山頂までゴンドラで戻り家族と合流。

白馬駅周辺

ゴンドラで山嶺まで戻り、宿泊先のホテルへ向かう予定だったが、妻の希望で白馬駅の近くにあるスタバへ寄り道した。

10分ほど運転すると、お目当ての「スターバックス コーヒー スノーピークランドステーション白馬店」に到着。アウトドアブランドのスノーピーク(SNOW PEAK)とスタバが併設されたお洒落なお店だった。

白馬岩岳マウンテンリゾートのジョギングでは不完全燃焼なので、妻と娘たちがお茶している間に、今度は白馬駅周辺を走ってきた。

ルートは、白馬駅→天神坂→大出の吊橋→松川大橋→松川橋→白馬駅。

白馬岩岳マウンテンリゾートで走った分も合わせると、今日の走行距離は10kmちょっと。

今日の一枚

写真は、白馬岩岳マウンテンリゾートの山頂からの景色。ここから山嶺まで走りたかったな……。

今日の旅ランの相棒は、Onの「Cloudvista」。カテゴリ的にはトレイルランニング向けのシューズだが、ロードランニングも快適に走れるのが特徴だ。

つい先日、防水仕様の「Cloudvista Waterproof」が発売されたので、速攻でポチった。

これまで防水ランニングシューズはOnの「Cloudventure」を長年愛用してきたが、そこそこ重量がありロードランニングには不向きだった。

「Cloudvista」の快適性と防水仕様の組み合わせは想像するだけで最強。早く履いてみたい。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

Cloudventure Waterproof(クラウドベンチャー ウォータープルーフ)は、Onの防水仕様のトレイルランニングシューズ。堅牢なのに軽量、どんな状況でも高い安定性を保つグリップ、そして全方位からの水の侵入を防ぐ防水性能。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

On Cloudventure Waterproof」の最新価格を今すぐチェック!

#練習日誌

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。