9kmジョグ:死闘の末 2022/10/14

新潟シティマラソンから5日ぶりに走ってきました。脚の状態は、やっぱり疲れていますね……。

新潟シティマラソン

先週日曜日は新潟県で開催された「新潟シティマラソン2022」を走ってきました。

もともと11月に走る予定の「富山マラソン2022」が本命レースで、新潟はその前哨戦という位置づけでした。

タイムは「サブ3」ぎりぎりの2時間58〜59分あたりを狙う予定でしたが、思いのほか好調だったので途中で戦略を変更。

前半はオーバーペース気味でヤバイな…と心配していたら30kmを過ぎても余裕があり、残りの12kmも全力で攻めていきました。

結果は自己ベストを4分半近く更新して2時間52分38秒。正直、自分でもここまで速く走れるとは想像すらしなかたので、喜びを通り越してただただ驚いています。

見沼田んぼ

さすがにレース後は疲労感がハンパなかったです。全力で闘った訳ですから、そりゃそうですよね。

通常はレース翌日に軽くリカバリージョグをするのですが今回はランオフ。その後も雨が続いたこともあり、思い切って休むことにしました。

そして今日は5日ぶりに「見沼田んぼ」エリアを走ってきました。

気になる脚の状態は、アキレス腱がまだガチガチでした。日常生活では気づかなくても、走り始めると「ああ、まだ疲れているな」と分かるんですよね。

特に身体の「芯」の疲れは自分でも気付きにくいので注意が必要です。

来週末に「諏訪湖マラソン」でハーフマラソンを走るのですが、そこまではリカバリージョグでつないでいくのが良さそうです。

今日の一枚

写真は、お気に入りの疲労回復グッズのひとつ、オムロンの「コードレス低周波治療器」です。脚の筋肉が張っている時や「芯」の疲れが取れない時に、疲労回復の効果が期待できます。

2018〜2019年に怪我と故障で接骨院に通院していましたが、そこで低周波治療と出会いました。

「ちょっと疲れが溜まってきたな」と感じたら「コードレス低周波治療器」で疲労抜きしています。おかげで疲労が蓄積しにくくなり、2019年以降は一度も怪我をしていません。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

ランニングの疲労予防・ケアにおすすめのオムロン「コードレス低周波治療器」を紹介します。コードレス式なので場所を選ばず「低周波」と「マイクロカレント」の2つの治療モードが選べます。「tomo」は週に2〜3回使っています。マッサージやストレッチでは解消できない身体の「芯」の疲労を和らげる効果を実感しています。

オムロン コードレス低周波治療器 HV-F602」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。