7kmジョグ:富山マラソンの心配事 2022/11/4

「富山マラソン2022」の2日前。本来ならランオフして問題ないのですが、娘の習い事の待ち時間に暇を持て余していたので軽くジョギングしてきました。

与野公園

コースは北浦和〜与野公園の往復しました。

与野公園といえば、地元では「バラ園」が有名です。ちょうど5月頃に見ごろを迎え、多くの人で賑わいます。確か最後に与野公園に走りにいったのも、その時期でした。

JR与野駅前の大通りを走り与野公園へ向かいました。

「バラ園は今、どんな感じなんだろう?」気になってのぞいてみると、大半は花びらを付けていないものの、一部の品種が見頃を迎えていました。

あとで調べてみると、冬でも花を咲かせるバラの品種があることが分かりました。

それから「彩の国さいたま芸術劇場」へまで足を伸ばし、再び与野公園に戻って、娘のお迎えに向かいました。

走行距離は7km。普段は最低でも13〜14km走るようにしていますが、フルマラソンの2日前はこれくらいがちょうど良いです。

富山マラソン

週末は「富山マラソン」を走ります。

種目はフルマラソン(42.2km)高岡市の高岡市役所前からスタートし、新湊大橋を横断して富山市に向かい、富富岩運河環水公園でゴールするコースです。

土曜日は富山駅近くの富山市総合体育館で受付し、高岡駅近くのホテルで前泊します。

日曜日はレースを完走した後、富山駅から自宅のある埼玉に戻る予定です。

荷物はスタート会場で預けて、ゴール会場で受け取ります。そうしないと、走った後に高岡まで戻らないとですからね。

ひとつ心配なのは、荷物が手荷物預け袋に入り切るかどうか。公式サイトによると、手荷物預け袋のサイズは左右50×天地70×マチ10とのこと。

リュックなら余裕で入りますが、最近は移動中の負担を軽減するために小型のキャリー「THULE Aion キャリーオンスピナー」を使っています。

スペックだけ見れば、ギリギリ入る思うのですが……。でも万が一、入り切らない場合はキャリーを転がして走らないといけないのでしょうか?

どうも同じ悩みを抱えているランナーがいるようで、公式サイトには「やむをえず手荷物預け袋に入りきらない大きな荷物を持ち込んだ場合、有料(1,000円)でフィニッシュ会場に移送します。」と書いてありました。

有料とはいえ、こうやって選択肢があるのは助かります。

おまけ

写真は、与野公園の様子。葉っぱが結構色づいてきました。これから1〜2週間が紅葉が見頃を迎えそうです。

今日のジョギングの相棒は、ブルックスの新作ランニングシューズ「ゴースト15」。後ほど詳しいレビューをまとめます。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

マラソン大会に持っていく荷物は、少なければ少ないほど良い。年間15〜20大会に出場する僕が厳選した「マラソン大会の持ち物リスト」を特別に紹介しよう。

マラソン大会の遠征におすすめのシューズ収納付きリュックを紹介します。レースシューズや汚れたウェアを他の荷物と分けて収納するのに便利ですよ。気づいたら4種類も買っていたので、それぞれ実際にマラソン大会で使ってみた感想を共有します。

マタドール セグ30」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

2022年5月に発売されたTHULE(スーリー)の新作スーツケース「Aion キャリーオンスピナー」を紹介します。飛行機の機内持ち込みサイズに対応しています。圧縮袋が1つ付属しますが、別売りのパッキングキューブがあると便利です。と言うか、ないと不便。

Thule Aion キャリーオンスピナー」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。