マラソンブロガーおすすめのランニングライト【2022年最新】

夜間でも安全にランニングを楽しみたい。そんな方におすすめのライトを紹介します。実際に「tomo」が自腹で購入したものの中から使い勝手よく、現在も使い続けているランニングライトを2つピックアップしました。

とも

一番のおすすめは帽子に装着して頭上から照らせる「BLACKUBE キャップライト」です。

購入ガイド

BLACKUBE キャップライト」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

目次と内容

ランニングライトはなぜ必要?

ランニングライトは、暗い場所を走る時に必要です。

分かりやすい例だと夜間のランニング。日中は仕事で忙しいランナーなら、走る時間を確保できるのは夜しかありません。

また、冬になると日が短くなり、早朝や夕方の薄暗い時間帯に走るランナーも多いと思います。

暗い場所でランニングをすると、道路の段差につまずいたり、歩行者や自転車と接触したりする危険が高まります。

そんな状況の中、ランニングライトがあると、

  • 足元や進行方向を照らす
  • 周囲に自分の居場所を知らせる

ことができ、怪我や接触事故のリスクを減らせます。

つまり、夜間でも安全に走るためにはランニングライトが欠かせないのです。

100均のライトじゃダメなの?

この記事を書いている「tomo」は、以前100均ショップで買ったLEDライトを使っていました。

周囲に自分の居場所を知らせる分には悪くないのですが、光源が弱すぎたり、すぐに電池が切れてしまったり、あまり使い勝手が良くありませんでした。

一度ランニング中に手を滑らせて落としてしまったことがあり、買って間もないのに壊れてしまいました。

100均ショップは好きなのですが、ランニングで使うライトに関して言えば「安かろう悪かろう」な印象が拭えません。

専用のランニングライトは高価ですが、耐久性に優れて長期間使えます。また、ランニングの動作の妨げにならないため、走りに集中することができます。

実際に「tomo」が自腹で購入したもの中から、今でも使い続けているランニングライトを2つ紹介しますね。

【BLACKUBE】キャップライト

個人的には、これが最強のランニングライトだと思います。

BLACKUBEのキャップライトは、帽子のツバのにクリップで装着でき、頭上から足元や進行方向を照らすことができます。

主な特徴は以下のとおり。

  • IPX5の防水防水
  • 明るさは55ルーメン・8ルーメンが選べる
  • 充電して繰り返し使える
  • 1回の充電で5時間〜照射可能
  • クリップは角度が調整できる

まず耐久性の観点では、「IPX5」の防水性能を持ち、汗や雨で濡れても故障する心配はありません。また本体が非常に軽いため、万が一地面に落下しても簡単には壊れません。

ライトの性能としては、最大55ルーメンの明るさになり、真っ暗闇でも半径1m程度の部分を照らすことができます。

以下は55LMで照らした状態ですが、暗闇でも足元の状況がしっかりと分かります。

ライト本体には繰り返し充電可能なバッテリーを内蔵しており、付属のUSBケーブルを差し込んで充電ができます。

フル充電の場合、55ルーメンだと約5時間照射できます。例えば1週間に60分ジョグを4回走るランナーなら1回の充電で賄えます。

さらに、クリップは角度が調整できるため、ランニングキャップ以外にも、例えばニット帽なんかにも装着できて便利です。

唯一、デメリットを挙げるとすれば、そこそこ硬さのある場所にクリップを挟まないと固定できません。例えばランニングシャツの襟やランニングパンツのウエストに装着しても安定しません。

実勢価格は税込1,200円が相場です。ヘッドバンド付きの本格的なランニングライトだと5,000円以上はするので、手ぶらで使えるランニングライトにしては、かなりコスパが高いと思います。

【ジェントス】リボルバー

手持ちでもいいから、もっと明るさが欲しいというランナーには、ジェントスのリボルバーがおすすめです。

こちらは本来ランニングに使うものではありませんが、光源の部分を90度ツイストできるため、ランニング中に手持ちしても自然な腕振りのまま足元や進行方向を照らせるのが特徴です。

主な特徴は以下のとおり。

  • 照射方向がツイスト可能
  • 明るさは150ルーメン
  • 最大照射距離は91m
  • 電源は単4電池3本
  • 点灯時間は約10時間
  • 重さは170g(電池込)

なぜ照射方向がツイストできるのが良いのかというと、曲げた状態で手に持つと照射方向が進行方向に向からです。さらに腕を後ろに引くと足元が照らされます。

これがスティックの状態だと、手首を不自然な形に曲げない限り、照射方向が上を向いてしまいます。

明るさは150ルーメンあり、BLACKUBEキャップライトの約3倍です。暗闇でも足元の様子がより鮮明に見えます。

進行方向に向ければ最大で91m先まで照らすことができ、夜間でも視認性が格段に上がります。

こちらは充電式ではなく、単4電池が3本必要です。最大で10時間照射できます。「tomo」は充電式の単4電池を使っているので、繰り返し使えるという意味では充電式と変わりないですね。

唯一のデメリットは重さです。電池込みだと170gあり、スマホ1台分よりも重いです。

使わなくなったランニングライト

ここからは、実際に使ってみたけどお蔵入りとなったランニングライトを紹介します。なぜ使わなくなったのかも説明しますね。

【SARLENO】LEDクリップライト

こちらは初めて買ったランニングライトです。ライトと言っても、発光して周囲に自分の居場所を知らせるだけで、照射機能はありません。

ライト本体にクリップが付いていて、ランニングシューズやランニングウェアに装着することができます。専用のアームバンドを使えば、腕に装着することも可能。

しかも充電して繰り返し使えるので、かなり使い勝手の良いランニングライトでした。

ただし壊れやすいという欠点があり、ランニング中に落としたらケースと充電口の部分が破損してしまいました。

あとは、周囲に自分の居場所を知らせるだけなら、反射バンドでも十分だと思いました。

【ナックルライト】LEDライト

こちらは結構ユニークなランニングライトです。ナックル(Knuckle)とは英語で手の関節を意味しますが、手の関節に装着して使います。

上の写真だと握っているように見えますが、実際にはバンドで固定します。手ぶらではないけれど、指が自由に使えます。

「IPX6」の防水性能と、最大120ルーメンの照射能力があり、ランニングライトとしてはかなり優秀だと思います。

2個セットで両手に装着して使います。電源は、片方に単3電池1個ずつ。こちらも充電式の電池を使えば、繰り返し使えます。

特に致命的な欠点はありませんが、手の関節が締め付けられるのが嫌なんですよね……。

まあ、これは好みの問題なので、締め付けられても大丈夫という方にはおすすめできるランニングライトです。

おまけ

というわけで、夜間に走る時はランニングライトを忘れずに持っていきましょう。

そう言いつつも「tomo」はランニングライトを忘れることが多いです。街灯がある道ならまだ走れますが、真っ暗な公園に入ると何も見えません。

そんな時は、スマホのLEDライト機能を使ってその場を凌ぎます。iPhoneだと明るさが調整でき、最大値に設定すると足元の状態がギリギリ確認できるレベルです。

とも

一番のおすすめは帽子に装着して頭上から照らせる「BLACKUBE キャップライト」です。

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

BLACKUBE キャップライト」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

関連記事

夜間のランニングに使える強力なLEDライトが欲しかったので、ジェントスのリボルバー(RV-143D)を購入した。先端部分が直角にツイストでき、リボルバー(=回転式拳銃)のように握れるので、自然な腕ふりのまま前方〜地面を照らすことができる。重いのが唯一の欠点。

GENTOS LEDライト リボルバー」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

ナックルライト(Knuckle Lights)は、夜道を歩いたり走ったりするときに両手に装着して、足元を明るく照らせるライト。手の関節(=ナックル)に装着するので、両手は自由に使える。実際に夜ランで使ってみたので紹介する。

ナックルライト Knuckle Lights 」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

個人的には、最強のランニングライト。ワンタッチでキャップのつばに装着でき、頭上から足元を明るく照らせる。USB充電で繰り返し使える。

BLACKUBE キャップライト」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。