読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

ランニング雑誌を徹底比較!3誌を定期購読する専門家が、おすすめの雑誌を紹介します

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

この記事を書いている僕は、次のランニング雑誌 3誌を毎号欠かさずに定期購読しています。

  • 『ランナーズ』(アールビーズ社)
  • 『ランニングマガジン クリール』(ベースボール・マガジン社)
  • 『ランニングスタイル』(エイ出版)

3誌すべてに目を通していると、それぞれの特徴や長短がわかります。そのあたりを踏まえて、おすすめのランニング雑誌や、自分に合った雑誌の選び方を教えます。

ランニング雑誌を読むべき理由

そもそも、インターネットがこれだけ普及した時代に、雑誌って必要なんでしょうか?

僕も最近まではそのように考えていました。でも、実際に読んでみると、雑誌にはインターネットに載っていない情報が充実していることに気がつきました。

個人的には、以下に関する情報はランニング雑誌が主な情報源となっています。

  • 新製品の紹介 → こんな商品あるんだ!という発見
  • 有名選手のインタビュー → 日本や世界を代表する選手の強さの秘訣が学べる
  • 食や健康のアドバイス → 生活習慣の改善につながる

ランニングは他のスポーツに比べると、独りで取り組むことが多く、他人から学ぶ機会も少ないですよね。

独りよがりにならないためにも、雑誌を読むことで自分の視野が広げる習慣をつけることは大切です。

以下は、僕が雑誌から学んだことの一例。

ランニング雑誌のビッグスリー

最初は「ネット時代に、紙の雑誌なんて…」と雑誌を見下していましたが、今では次のランニング雑誌を 3誌を毎号欠かさずに定期購読しています。

  • 『ランナーズ』(アールビーズ社)
  • 『ランニングマガジン クリール』(ベースボール・マガジン社)
  • 『ランニングスタイル』(エイ出版)

これらの雑誌はランニング・マラソンの専門雑誌のカテゴリにおけるビッグスリー。書店に行けば、大抵置いてあります。

ランナーズ ランニングマガジン クリール ランニング・スタイル
出版社 アールビーズ ベースボール・マガジン社 エイ出版社
創刊 1976年 2002年 2005年
発行部数 27万部 非公開 10万部
発売日 毎月22日 毎月22日 隔月22日
税込価格 880円 820円 741円

それでは、各誌の特徴を見ていきましょう。

『ランナーズ』

『ランナーズ』

『ランナーズ』

日本で最も売れているランニング系雑誌『ランナーズ』は、Runnet(ランネット)を運営するアールビーズ社が出版しています。

コンセプトは、頑張るあなたのランを応援

読者層は?

初心者からシリアスランナーまで。万人向けのランニング雑誌と言えるでしょう。

一番の特徴は?

Runnetのコミュニティを活かしたコンテンツ作りが最大の特徴です。

例えば「サブ4を達成する方法」という特集があるとします。他の 2誌は専門家のアドバイスやトレーニング理論が中心ですが、『ランナーズ』の場合は実際にサブ4を達成した読者のエピソードが満載です。

良いところは?

マラソンレポートや「サブ4達成」など、読者の体験談が豊富なのが良いですね。理論よりも体験談のほうが、いろいろ気づきがあって勉強になります。また「マラソンランキング」など、オリジナルコンテンツに力を入れているところも評価できます。

イマイチなところは?

毎号、一貫したテーマがあるようでなく、ミニ特集の寄せ集め的な構成になっています。また、月によって当たりはずれが大きいので、内容を吟味してから購入することをお勧めします。

『ランニングマガジン クリール』

『ランニングマガジン クリール』

『ランニングマガジン クリール』

『ランニングマガジン クリール』はベースボール・マガジン社が出版しています。

コンセプトは、快適に、楽しく走ろう!

読者層は?

主にランニング中級者〜上級者向け。公式データによると、読者層は男性67%、女性33%。30〜40代が全体の5割を占める。スポーツ科学や練習メニューに特化した記事が多く、理論派ランナーにおすすめです。

一番の特徴は?

インタビュー記事などの読ませるコンテンツと、補強ドリルなど実践向けコンテンツのバランスが良いのが特徴です。

良いところは?

補強ドリルなど、すぐに実践できて役立つ情報が多いのが良いですね。

イマイチなところは?

「サブ4向けトレーニング」など、内容がピンポイントな記事が多い。該当しない人には意味のないコンテンツとなります。

『ランニング・スタイル』

『ランニング・スタイル』

『ランニング・スタイル』

ファッション誌のような誌面が特徴な『ランニング・スタイル』は、エイ出版社が出版しています。

コンセプトは、Be Healthy & Stylish RUNNER

読者層は?

どちらかというと女性がターゲット、ランニングのレベルは初心者〜中級者。美と健康を意識したランニングライフを追求する方におすすめ。

一番の特徴は?

ランニングそのものを極めるというより、ランニングのあるライフスタイルに焦点を当てたコンテンツ作りが特徴です。

良いところは?

毎号テーマがはっきりしており、専門性も高い。ちょっとした付録がついてくるのも嬉しいポイントです。

『ランニング・スタイル』の付録

『ランニング・スタイル』の付録

イマイチなところは?

肝心のランニング(走り)に関する情報が、他の 2誌に比べると内容が薄いです。

ランニング雑誌の選び方

特集内容によりきりなので、一概に「この雑誌が良い」と言い切るのは難しいです。

ただ、読者層でいうと『ランナーズ』は万人向け、『ランニング・スタイル』は初心者や女性、『ランニングマガジン クリール』は中級者以上や男性に向いていると思います。

毎月更新しているランニング雑誌レビュー記事では、毎号のおすすめの一冊を選んでいるので、迷われる方は参考にしてください。

ランニング雑誌をお得に購読する方法

定期購読する場合

定期購読するなら、雑誌の定期購読の最大手「富士山マガジンサービス Fujisan.co.jp」がおすすめです。

バックナンバー、定期購読、デジタル雑誌・・雑誌のことならFujisan.co.jp

下のリンクから申し込むと、通常よりもお得に定期購読ができます。

個別に購入する場合

全国の書店、またはAmazonなどネット通販で入手できます。

『ランニング・スタイル』のみキンドル電子書籍版もあります。

3冊まとめて購入する場合

アマゾンでは書籍を「3冊以上まとめ買いで最大8%ポイント還元」というキャンペーンを長らく実施ているので、まとめて購入するとお得です。発売日の当日に届きますしね。

実質無料で最新号・バックナンバーを読む方法

アマゾンの「Kindle Unlimited」に登録すれば、『ランニング・スタイル』の最新号とバックナンバーが読み放題になります。

初めての方なら30日間無料でお試しができるので、実質無料で読むことができます。

  1. Kindle Unlimitedの>30日間無料体験に登録
  2. 『ランニング・スタイル』の商品ページへアクセス
  3. 「読み放題で読む」をクリック

「Kindle Unlimited」は、対象のキンドル本が読む放題となる定額制のサービス。月額1080円かかりますが、初めての方は最初の30日間が無料です。気に入らなければ、キャンセルもできます。

『ランニング・スタイル』は「Kindle Unlimited」の対象なので、通常500円のキンドル本が0円で読めます。最新号だけでなく、バックナンバーを何冊読んでも追加料金は0円です。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎