市民ランナーが「オフシーズン」を計画的に設けるべき理由

解説・まとめ

2016年は、フルマラソンに合計4回、ハーフマラソンに合計3回出場しました。これまでレースは多くて年3回ぐらいしか出場していなかったので、ぼくにとってはかなりハードワークな1年でした。

そんな中、Runner’s Worldの記事「オフシーズンが大切な理由」(英語)を読み、休むことも練習のうちなんだということを学びました。

オフシーズンとは

著者のJenny Hadfieldによると、オフシーズンは1年のトレーニング計画の中でも最も重要なフェーズであるといいます。オフシーズンといっても、ただ休むのではなく、レース出場やレースに向けた練習をしないことを指します。

期間は、8週間が目安。

レースに出場すると、自分が思っている以上に疲労が蓄積します。この疲労を時間をかけて抜いてあげるのが、オフシーズンの主な目的です。疲れが完全に抜けきらないと、翌年に持ち越してしまい、2~3年で身体が壊れてしまいます。

自分では気づきにくいからこそ、計画的にオフシーズンを設けることが重要になります。

オフシーズンにやること

ではオフシーズン中は、何をすればいいんでしょう?練習メニューを組まずに、気ままに身体を動かすのが良いそうです。

人それぞれですが、たとえば、

また、適度に身体を動かすのも大事ですが、

など、過去を振り返り、次のシーズンに向けて備えることも忘れてはいけないといいます。

ぼくのオフシーズンは12月~1月

ちなみに、ぼくの年間のカレンダーはこんな感じです。

フルマラソンで自己ベストを狙うのは、第1・第2ピーキングのみ。練習期間中もフルやハーフは走りますが、タイムは狙わずに練習の一環として走る感じです。メリハリをつけていかないと、バーンアウトしたり、故障したりしますからね。

ということで、来月からオフシーズンに入ります!今週末は軽めのジョギングで疲れをほぐし、来週末は余裕があれば、日帰り旅ランに出かけようと思います。