読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

新作ランニングシューズをお得に購入する裏技3つ

▶︎ #解説・まとめ#お得

発売開始から間もない最新モデルのランニングシューズは、ほとんど値引きされることがない。でも定価よりもお得に買う方法はあるので紹介する。

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2

箱根駅伝2022で多くの選手が履いていたナイキの厚底シューズ。オレンジ色の「EKIDEN PACK」はランナーの物欲を刺激する。

この記事の目次

公式サイトのメルマガに登録する

お気に入りのブランドがあるなら、公式サイトのメールマガジンを購読しよう。期間限定セールやシークレットセールなどの情報がタイムリーに届くので、お得に買える機会を逃さない。

メルマガ登録のメリットは他にもある。

初回登録特典

ホカ公式サイトアディダス公式サイトでは、会員登録するだけで初回限定の10%割引クーポンがもらえる。登録しておいて損はない。

バースデー特典

ナイキ公式サイトニューバランス公式サイトでは、誕生月にバースデークーポンが登録したメールアドレス宛に届く。つい先日、ナイキから「お誕生日月の初回注文が20%OFF」のクーポンが届いたばかりだ。

利用条件は以下のとおり。

  • 誕生日月の期間中に利用可能
  • NIKE.СOMおよびNIKEアプリ、NIKE直営店での初回注文が20%割引
  • ログインした状態でチェックアウトすると 自動的に20%割引が適用
  • 他プロモーションコード、割引との併用は不可

試しに「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% フライニット EKIDEN」をカートに入れたら、定価34,100円の20%分(6,820円)の割引が適用された。新製品でも使えるのはスゴい。

株主優待制度を活用する

新作ランニングシューズを割引価格で購入する裏技は、株主優待の特典を使うことだ。

上場企業で株主優待制度のある企業に限られるが、アシックス、ミズノ、アキレスは、株式の保有数・期間に応じて20〜50%の割引が受けられる。

僕は株主優待目的でこれらの保有している。決して株式の保有を推奨しているわけではない点に注意してほしい。

アシックスの株主優待

アシックス公式サイトの株主優待による割引率は以下のとおり。

  • 100株以上、3年未満保有:25%割引
  • 100株以上、3年以上保有:30%割引

例えば、アシックスの「メタスピード スカイ(METASPEED SKY)」を発売日当日に注文した際、株主優待割引を使うと定価27,500円の25%分(6,875円)が値引きとなり、支払額は20,625円だった。金額が高ければ高いほど、割引が高くなってお得だ。

ミズノの株主優待

ミズノ公式サイトでは株主優待により20%の割引が受けられる。

例えば、ミズノの新作ランニングシューズ「ウエーブリベリオン」を見ると、通常価格19,800円が優待価格15,840円の20%引きで購入できる。しかも5%分のポイントまで還元される。

総合通販サイトの割引・ポイント還元を狙う

公式サイト以外だと、Amazonや楽天市場などの割引セールやポイント還元キャンペーンを狙うのがおすすめ。

Amazon

Amazonではランニングシューズを含む「Amazonファッション」で様々な割引キャンペーンを過去に実施ている。また「プライムデー」や「ブラックフライデー」などのビッグセール期間中は、気になるランニングシューズをお得に手に入れるチャンス。

Amazonが発送する商品なら、返品手数料・返品送料も無料なので、自宅で気軽に試着できるのが良い。

楽天市場

楽天市場では、買えば買うほどポイントがアップする「お買い物マラソン」を活用しよう。たまに人気ランニングシューズが驚くような安値で出品されていることもあるので、気になるシューズは定期的にチェックすると良い。

ヨドバシ

そして最近おすすめなのが、ポイント還元が手厚いヨドバシカメラだ。公式サイトでは、グループ傘下の石井スポーツアート・スポーツで販売している商品も購入できる。

新作ランニングシューズでもヨドバシポイントが10%還元されるのは非常に魅力的で、ヨドバシユーザなら実質10%OFFだ。Onやホカなど海外ブランドの品揃えが豊富なのも有難い。

新作シューズにこだわらないなら

僕はマラソンブロガーという立場上、気になる新作シューズは発売日直後に入手したい。上で紹介した方法に該当すれば新作シューズでもお得に購入できるが、そうでない場合は定価で買うことになる。

しかし新作シューズにこだわらなければ、発売日から一定期間が経つと値引きの対象となるので、それを待つのもありだ。

特におすすめなのが、新作シューズが発売された後の旧作シューズを狙うこと。メーカーや販売店としては、旧作シューズの在庫を早く処分したいので大幅に値引きすることもある。

公式サイトでは在庫処分品が比較的早くなくなるので、Amazon楽天市場などの総合通販サイトをこまめにチェックしよう。

この記事で紹介したモノ

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2

箱根駅伝2022で多くの選手が履いていたナイキの厚底シューズ。オレンジ色の「EKIDEN PACK」はランナーの物欲を刺激する。

関連記事

万能ランニングシューズおすすめ3選:安く買う方法も紹介

株主優待:アシックスの直営店・公式サイトで最大4割引に。新製品も対象

株主優待:ミズノの直営店・公式サイトで2割引に。新商品も対象

ふるさと納税2021:ランナーにおすすめの返礼品3選

#お得

ピックアップ

fenix 6Xレビュー:ガーミンウォッチの最高峰モデル

BLACKUBEキャップライト レビュー:頭上から照らすランニングライト

メリノウール FIT グローブ レビュー:ランニング手袋の決定版

アミノバイタル ゼリー:青・赤・金の違いと飲む順番を解説

2021年に買ったランニングシューズ10足:おすすめは「METASPEED SKY」

AfterShokz Aeropexレビュー:完全防水の骨伝導ワイヤレスヘッドホン

最新記事

8.4kmジョグ:大寒の日の忘れもの 2022.1.20

5.0kmペース走2本:フロストバイトにエントリー 2022.1.19

体成分分析「Inbody」を体験して分かったこと

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画