中浦和〜秋ヶ瀬公園4.1キロ「鴨川堤桜通り公園ルート」を走ってきた

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

地元さいたま市のランニングコースを日々開拓しています。

今回は、さいたま市が作った「さいたま緑の散歩みち」を参考に、JR埼京線中浦和駅から桜区役所を結ぶ「鴨川堤桜通り公園ルート」を走ってきました。秋ヶ瀬緑道と鴨川堤桜通り公園を通る片道4.1キロのコースです。

秋ヶ瀬緑道

秋ヶ瀬緑道は、JR埼京線中浦和駅秋ヶ瀬公園を結ぶ約2キロの緑道です。途中、何度か道路を横断しますが、基本的に鴻沼排水路に沿った歩道を走ります。

秋ヶ瀬緑道の起点は中浦和駅の高架下にあります。駅の裏玄関(北側)なので見つけづらいのが難点です。「緑道」の名の通り、緑色をした歩道でした。

「スタート」「ゴールから2000メートル」の標識が見えますかね?秋ヶ瀬緑道では、100メートルごとに距離表示があります。

ちょうど中間地点の風景。右手には大きなマンション、前方には首都高速埼玉大宮線が見えます。

途中、首都高と立体交差する歩道橋を渡ります。完全なフラットコースではなく、ちょっとした起伏があるのがいいですね。

後半500メートルは緑のトンネルの中を走ります。真夏でも涼しく走れそうです。

秋ヶ瀬緑道の終点は、秋ヶ瀬公園の端にあるゴミ焼却施設の「桜環境センター」。

鴨川堤桜通り公園

桜環境センターの近くに鴨川堤桜通り公園の入り口があります。

道路より一段低いところに桜並木の歩道が延々と続きます。歩行者とすれ違うときは、ぶつからないように気を使います。。

途中、「しびらきファーム イチゴ屋」を発見。しびらきファームでは、障がい者の農業支援の一環として今年1月からイチゴ狩りと直売を始めています。地元メディア「浦和経済新聞」の記事を読んだ記憶がありますが、ここにあったとは知りませんでした。

2014年から商店街でパンやクッキーを製造、販売するなど、障がい者就労と自立に力を入れている同施設。農林水産省が「障害者の農業支援」を掲げていることから、以前より農業への挑戦を検討していたという。今回、店の常連客で施設前の遊休農地の管理者から声を掛けられ、実現にこぎ着けた。

そして、しびらきファームの右側に見えるロケットのような物体、何かわかりますか?以前、秋ヶ瀬公園を走っていた時にも謎だったのですが、今回その正体が判明しました。

謎の物体に近づいてみると「NHK」のロゴを発見。NHK放送のテレビ塔でした。

テレビ塔から桜区役所へ向かって鴨川堤桜通り公園走り続けます。もう間もなくゴールです。

中浦和〜桜区役所の往復で8キロ。自宅〜中浦和の「常磐緑道」と組み合わせると、往復13キロのコースになります。さらに秋ヶ瀬公園を周回すれば、ハーフマラソンや30キロコースにもなりそうです。

B!

同じカテゴリの記事

駅伝、クリテウム、マラソン。11月は埼玉でスポーツイベントが目白押し!

世界一の桜並木!「見沼代用水」の散歩道でお花見ラン

さいたま散歩ラン」の記事一覧へ ▶︎