近代&現代アートが楽しめる「北浦和公園」

更新:

近代&現代アートが楽しめる「北浦和公園」

今日も早めに目が覚めたので、家族が寝ている間に朝ランしてきました。JR北浦和駅西口の「北浦和公園」を中心に6キロのスロージョグです。

北浦和公園は、1周約1キロの中規模の公園です。もともと埼玉大学があった場所で、大学移転に伴い、北浦和公園として生まれ変わりました。1982年には公園内の敷地に県立近代美術館がオープンしました。

余談ですが、先日の「さいたま国際マラソン」に参加された方は、ちょうど39キロあたりでここ北浦和公園を通り過ぎています。

xxxx

アートな北浦和公園

北浦和公園の入口。県立近代美術館で開催中の「日本におけるキュビズム」の看板が真っ先に目に入ります。

xxxx

正式名称は、埼玉県営北浦和公園なんですね。埼玉県立近代美術館や彫刻広場から子供の遊具まで、大人から子供まで楽しめます。

xxxx

ここ最近の急激な冷え込みにより、いっきに紅葉が過ぎ去ってしまった気がします。前方に見える建物が県立近代美術館。

xxxx

公園の敷地内に、普段は見慣れないオブジェを発見しました。竹の素材を曲げて作ったアート作品(?)です。

xxxx

園内には変わったオブジェが点在しています。これはクレーン車のようなオブジェ。

xxxx

公衆トイレと見間違えそうですが、こちらもアート作品でした。ガラス越しに中をのぞいてみると、カプセルホテル風の部屋が見えました。

xxxx

公園の一角には「恭慶館」という建物があります。

xxxx

音楽コンサートや展示会が毎週行われています。

1916年(大正5年)、現在さいたま市立仲町公民館となっている場所に、百畳の和室を持つ旧浦和市公会堂が開館しました。この公会堂の愛称として、渋沢栄一が「恭慶館」と命名し、永く多くの市民に親しまれました。閑静な浦和北公園内に立地する「恭慶館」は、我が国の伝統文化の普及、及び伝承を図り、市民文化の向上に寄与するための伝統文化館として末永く市民に親しんでいただけるよう、この名称を引き継いだものです。(恭慶館/公益財団法人さいたま市文化振興事業団)

北浦和公園の外周は、歩道が整備されているので安心して走れます。たまに1キロインターバルトレーニングをやったりします。

xxxx

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧