さいたま市「浦和駒場スタジアム」の陸上競技場を利用する方法

更新:

さいたま市「浦和駒場スタジアム」の陸上競技場を利用する方法

どこにあるの?

JR浦和駅東口・北浦和駅東口からバスで10分ほどのところ。《さいたま国際マラソン》では、ちょうどコースの8km地点で通過します。

誰が使えるの?

誰でも使えます。利用料金は1時間50円(市外の方は10割増し)。

いつでも使えるの?

営業時間は9時〜17時。試合や貸切がない公開日のみ利用できる。空き状況はこちらからチェック。

浦和駒場スタジアムへのアクセス

浦和駒場スタジアムは、駒場運動公園の敷地内にあります。

駒場運動公園
埼玉県さいたま市浦和区駒場2丁目1−1
公式サイト

《さいたま国際マラソン》に参加した方なら、フルマラソンとファンラン(8km)のコースが分岐するところ、と言えばわかるかもしれません。8kmの部は、浦和駒場スタジアムがゴール会場です。

駒場運動公園は《さいたま国際マラソン》の親子ランの大会会場でもあります。

公園内には、浦和駒場スタジアムとレッズハートフルフィールド駒場(補助競技場)の他、トイレ、水飲み場、自動販売機、駐車場(無料)があります。

こちらは「浦和駒場スタジアム」。

その隣にあるのが「レッズハートフルフィールド駒場」。いつも少年サッカーの試合が行われています。

浦和駒場スタジアムの利用方法

空き状況をチェック

スタジアムで試合が行われる日や貸切の日は利用できません。行く前に必ず、空き状況をこちらでチェックしましょう。

事務所で料金を支払う

こちらが浦和駒場スタジアムの正面入口。

入ってすぐ左手に事務室があるので、名前と利用時間を記入して料金を支払います。ちなみに左の窓口ではなく、ドアを開けて中へ入ります。

あとは陸上競技場を自由に利用できます!

浦和駒場スタジアムの陸上トラック

この日は猛暑日だったので空いていました。利用者は主に中高生の陸上部と思しき若者たち。

1周400m、8レーンある本格的な陸上トラックです。砲丸投げや走り高跳びの練習をしている人たちもいました。

観客席への立ち入りは自由。その他、競技場内のベンチで休憩することもできます。

普段はロードランをメインに練習していますが、タイムトライアルやインターバル走をやるときは、陸上競技場を利用してもいいなと思いました。ぼくの自宅から2km。ウォームアップにちょうど良い距離です。

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧