大宮に飛行船出没?「さいたまトリエンナーレ」のエアドーム

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

9月24日から始まった、さいたま市の芸術の祭典「さいたまトリエンナーレ 2016」。あまり盛り上がっていないようですが、JR大宮駅近くの会場に飛行船があるという噂を聞き、午後の練習がてら見に行ってきました。

会場は山丸公園。さいたま新都心駅から氷川神社に向かってのびる「氷川参道」沿い、「さいたま市民会館おおみや」の隣です。

さいたま市民会館前。さいたマムアンちゃんがお出迎え。

会館の隣になにやら怪しげなオブジェを発見。飛行船みたいですね。空気で膨らませているようです。

磯辺行久作、作品名『エアドーム さいたまトリエンナーレ 2016』

入口には係員の方が座っていて、お願いすれば中に入れてもらえます。もちろん、入場料はタダ。

エアドームの中はこんな感じ。インドアのトラックのようです。係員と家族連れが二組いたので、さすがに走れませんでしたが。

長さは50メートルくらいでしょうか。雨の日にスプリントの練習ができますね。

帰り道、空を見上げたらメットライフ生命の飛行船を見かけました。なにか縁のようものを感じます。

関連記事:走りながら芸術鑑賞。「さいたまトリエンナーレ」の「さいたまビジネスマン」

B!

同じカテゴリの記事

駅伝、クリテウム、マラソン。11月は埼玉でスポーツイベントが目白押し!

中浦和〜秋ヶ瀬公園4.1キロ「鴨川堤桜通り公園ルート」を走ってきた

さいたま散歩ラン」の記事一覧へ ▶︎