読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

さいたま国際マラソン【応援】おすすめは北浦和駅

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

家族や知人が《さいたま国際マラソン》に参加するんだけど、応援はどこでするのがいいの?

そんな方のために、地元ランナーがとっておきの応援スポットを教えます。鉄道駅から徒歩3分以内という条件で。

手前味噌で恐縮ですが、僕が住んでいる JR京浜東北線の北浦和駅がおすすめです。その理由も含めて解説しますね。

《さいたま国際マラソン》のコースと最寄駅

まず、《さいたま国際マラソン》のコースにアクセスしやすい鉄道駅を見てみましょう。

駅名 路線 コース
さいたま新都心駅 京浜東北線/高崎線・宇都宮線 スタート/ゴール/2〜3km地点
与野駅 京浜東北線 4〜5km地点
北浦和駅 京浜東北線 5〜6km地点/37〜38km地点
浦和美園駅 埼玉高速鉄道線 13〜14km地点/26〜27km地点
南与野駅 埼京線 38〜39km地点
与野本町駅 埼京線 40〜41km地点
北与野駅 埼京線 41〜42km地点

ひとつの駅で2回以上応援できるのは、さいたま新都心駅、北浦和駅、浦和美園駅の3駅。

ただし、浦和美園駅はスタート&ゴール会場のある、さいたま新都心駅へアクセスしづらいのが難点。レースの後に家族や知人と合流が難しくなってしまいます。

その意味では、さいたま新都心駅と北浦和駅の2駅が応援に適していると言えます。

JRさいたま新都心駅

さいたま新都心駅は、西口がスタート&ゴール会場、東口がコースの2〜3km地点です。

さいたま国際マラソン 公式サイトより

さいたま国際マラソン 公式サイトより

さいたまスーパーアリーナ周辺でランナーを見送った後、東側に移動して 2〜3km地点で応援。それから駅周辺で数時間のんびり過ごして、最後にゴールでお出迎え、というのが理想的です。

難点を挙げるとすれば、立入禁止区域が多いことと、人混みがすごいことですね。

さいたま新都心駅をグーグルマップで見る

JR北浦和駅

北浦和駅は、東口がコースの 5〜6km地点、西口が 37〜38km地点です。いずれも駅徒歩1分でアクセスできます。

さいたま国際マラソン 公式サイトより

さいたま国際マラソン 公式サイトより

フルマラソンを走るランナーからすると、5〜6km地点は調子が出てきてイケている状態。逆に 37〜38km地点は心が折れかけている状態。

もちろん個人差はありますが、元気な姿を見せられるのと、一番応援が欲しい時に応援してもらえる、絶妙な応援スポットなのです。

こちらは北浦和駅東口の様子。

さいたま国際マラソン 北浦和駅東口

さいたま国際マラソン 北浦和駅東口

こちらは北浦和駅西口の様子。

さいたま国際マラソン 北浦和駅西口

さいたま国際マラソン 北浦和駅西口

北浦和駅周辺には飲食店がたくさんあるので、待ち時間も手持ち無沙汰になる心配はありません。

西口には、「北浦和公園」や「埼玉県立現代美術館」がありますよ。子連れなら「おもちゃカフェ ブロックはかせ.LABO」もおすすめ。

JR北浦和駅をグーグルマップで見る

おすすめ応援コース

もっと欲張って応援したい!という方には、次の応援コースをおすすめします。スタート、5〜6km、37〜38km、ゴールで4回も応援できますよ。

  • さいたま新都心駅でランナーをお見送り
  • 京浜東北線で北浦和駅へ
  • 北浦和駅東口で応援
  • 北浦和駅周辺で待機
  • 北浦和駅西口で応援
  • 京浜東北線でさいたま新都心駅へ
  • さいたま新都心駅でランナーをお出迎え

さいごに

そうそう、東口交差点の近くに浦和レッズのマスコット「レディア像」が2体あるので探してみてください。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎

読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run